アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

エフェクター屋
タイトル
korg oct-1 オクターブダウンの仕組み
ポイント []
pt.
アクセス1691
カテゴリーアンプ&コンパレータ
キーワード korg oct-1   オクターブ   オクターバー   トランスコンダクタンスアンプ回路   仕組みoct-1   Powered by Yahoo
投稿日時17/11/20 21:22
oct-1というオクターバーの元祖のような回路があります。
1/2分周回路とトランスコンダクタンスアンプ回路を組み合わせてオクターブダウンさせた周波数を得ているようですが、どうしてそうなるのか理解ができません。
噛み砕いた優しい説明をお願いします。

コメントする     


ジム・ウィリアムス 回答番号 13
タイトル
訂正したサム
ポイント
pt.
アクセス327
投稿日時17/11/24 23:12
回答12の図を訂正しました。
よろしくです。

面白い回路です。
苦労していますね。

ジム・ウィリアムス 回答番号 12
タイトル
わかったサム
ポイント
pt.
アクセス340
投稿日時17/11/24 23:05
わかりました。
ヒステリシスのコンパレータみたいなものです。
低いほうのしきい電圧Vs1はVrefより少し高くしています。
こうしないと、無音時も出てしまうからです。
高いほうのしきい値Vs2はvs1より大きくしていますが、信号レヴェルで変化させています。ここが肝なんです。
これを固定にしてしまうと、弱音時に効かなくなるんですね。

下図です。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

エフェクター屋 回答番号 11
タイトル
ポイント
pt.
アクセス355
投稿日時17/11/24 21:59
回答番号10を打ち込んでいる間でした。
回答番号9ありがとうございます!

さらっと理解できないので、
ちょっと考えてみたいと思います。

エフェクター屋 回答番号 10
タイトル
korg oct-1 オクターブダウンの仕組み(納得しました)
ポイント
pt.
アクセス362
投稿日時17/11/24 21:55
たしかに、ギターのオイシイ部分がだいたい600HZ~なのでそのオクターブダウンを得るに当たっての副産物(600*1.5=900Hz)はフィルタによって減衰させられているのは納得ですし妥当です。

設計者の意図とジム・ウィリアムスさんの見解は一致していると思います!

厳密な理論や工学的な解釈はできませんが、シロウトなりに納得できました。

ありがとうございます!!

ジム・ウィリアムス 回答番号 9
タイトル
あなたのサム
ポイント
pt.
アクセス345
投稿日時17/11/24 21:49
FFへのRとSを入れるところです。
つまり、信号S1を分周するところです。
S側は、Vf(中間電圧ー三角マーク)から少し上を中心に動かしてノイズを防いでいますね。
R側は、MAX-HOLDされたものをしきい値にしています。

個々が難しいですね。

ジム・ウィリアムス 回答番号 8
タイトル
あなたのサム
ポイント
pt.
アクセス328
投稿日時17/11/24 21:33
このあたりがこの回路の肝ですね!
なかなかわからないです。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

ジム・ウィリアムス 回答番号 7
タイトル
あなたのサムちゃん
ポイント
pt.
アクセス356
投稿日時17/11/24 19:19
>次に疑問なのは一緒に出てくるはずのf1+f1/2=f3/2はどこへ行くのでしょうか?

ーー>
f1/2と3f1/2ですね。
3f1/2はフィルタで小さくするのですかねぇー
1kHzのローパスが入っています。
が、少しくらい残ってもいいのではないですか。

エフェクター屋 回答番号 6
タイトル
乗算について
ポイント
pt.
アクセス336
投稿日時17/11/24 19:08
ジム・ウィリアムスさん、ありがとうございます。

トランスコンダクタアンプと乗算というキーワードが結びつきました!

次に疑問なのは一緒に出てくるはずのf1+f1/2=f3/2はどこへ行くのでしょうか?


ジム・ウィリアムス 回答番号 5
タイトル
あなたのサム
ポイント
pt.
アクセス317
投稿日時17/11/24 19:00
NJM13600を掛け算器(ミクサ)にしています。
信号の半分の周波数の矩形信号S2(f1/2)と信号S1(f1)を掛け算て、側帯波(f1-f1/2=f1/2)を作っているのだと思います。

NJM13600は差動INとバイアスINの掛け算がOUTになると思います。
http://www.njr.co.jp/products/semicon/PDF/NJM13600_NJM13700_J.pdf


エフェクター屋 回答番号 4
タイトル
korg oct-1 オクターブダウンの仕組み
ポイント
pt.
アクセス400
投稿日時17/11/21 18:16
やまさん、ありがとうございます。

>デジタルの倍周期の波形をサイン波形に整形
この工程が理解できていない部分かもしれません。

倍周期の矩形波を13600のAMP BIAS INPUTに入力すると、その周期で増幅率が増減するトレモロ効果になってしまうように思うのですが、そうではなく音程が変わるんですよね。

回路図を添付しますので、よろしくお願いします。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

やま 回答番号 3
タイトル
回路図をサラッと見ましたが
ポイント
pt.
アクセス513
投稿日時17/11/21 10:44
エフェクター屋さん お疲れ様です。

Webで検索して OCT-1の回路を見ました。
回路図ではアナログ波形を整形してデジタル波形にして、DFF(4013)で倍周期の波形を作り、デジタルの倍周期の波形をサイン波形に整形していました。

このサイトにはアナログのベテランがいますので、OCT-1の回路図を添付したら皆さんからいろいろ突っ込みやアドバイスがあると思います。

エフェクター屋 回答番号 2
タイトル
音階と周波数
ポイント
pt.
アクセス461
投稿日時17/11/21 08:04
半音分の周波数変化は初めて触れました。ありがとうございます。

でも、1オクターブの変化と周波数変化は知っていました。


ここでは、どのようにしてNJM13600のようなトランスコンダクタンスアンプ回路で入力周波数を半分にして出力しているか、が知りたいです。

やま 回答番号 1
タイトル
音律は理解していますか?
ポイント
pt.
アクセス448
投稿日時17/11/21 07:10
エフェクター屋さん お疲れ様です。

回路を理解する前に音律は理解していますか?
音律表を添付します。
1オクターブで周波数は倍になります。
周波数をExcelに入力して折れ線グラフで見ると半音の周波数の変化が良く分かります。
まずここから始めてください。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.