アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

エフェクター屋
タイトル
korg oct-1 オクターブダウンの仕組み
ポイント []
pt.
アクセス1734
カテゴリーアンプ&コンパレータ
キーワード korg oct-1   オクターブ   オクターバー   トランスコンダクタンスアンプ回路   仕組みoct-1   Powered by Yahoo
投稿日時17/11/20 21:22
oct-1というオクターバーの元祖のような回路があります。
1/2分周回路とトランスコンダクタンスアンプ回路を組み合わせてオクターブダウンさせた周波数を得ているようですが、どうしてそうなるのか理解ができません。
噛み砕いた優しい説明をお願いします。

コメントする     


ジム・ウィリアムス 回答番号 33
タイトル
まとめレポートの感想2
ポイント
pt.
アクセス997
投稿日時17/11/26 16:25
ーーーー
疑問② DFFによる2分周波形の生成にあたって、前段のコンパレータが担う役割とその設計。 また、例えば、Korg oct-1とboss oc-2における該当回路の違いによる影響は何か。
ーーーー
ーー>
oc-1ではICによる掛け算、oc-2ではOPAMP回路の抵抗を変化させゲインを変え掛け算を行う。

ーーーー
コンパレータは入力波形を矩形波(OPアンプが取り得る出力電圧のLOW-HIGHを行き来 する)に変換する役割である。 コンパレータは入力波形の正負側のエンベロープからそれぞれ矩形波を得るべく2つ用意 してある。得た矩形波のひとつをDFFのSに、もうひとつをRに入力することにより、Q は(f1/2 )の矩形波を出力する。
ーーーー
ーー>
まず信号周波数の矩形波を作りたい。
しかし、信号振幅はいろいろ。ここが難しい。

ーーーー
oct-1の場合、負側の検出にあたる回路は、4.7Vに持ち上げた入力波形とバイアス電圧 4.5Vとを直接比較する構造になっている。0.2Vの不感帯が存在することになる。 このセッティングの意図を予想するに、ギターとして妥当な電圧0.4Vppの信号を入力す れば望ましいデューティ比の矩形波が得られるといった基準を決め打ちしているだけかも しれない。もしくは、ノイズとして無視したい音にまでオクターブ効果がかかり増幅され て出力されることに配慮した結果かもしれない。もしくは、部品の数を減らしたかったの かも知れない。しかし、弦振動の減衰により0.2Vを割った瞬間オクターブ効果がぶつ切 りになるような弊害も予想される。
ーーーー
ーー>
とりあえずやってみたのかもしれません。

ーーーー
oc-2の場合、oct-1の正側と同様に整流回路とLPFで、入力波形のピークからある程度の 電圧だけ低いしきい値を得ており、正側負側共に不感帯が存在しない。
ーーーー
ーー>
どうしてしきい値を2つ設けるのか?
チャタリング防止ですかね。
しかし、コンパレータに固定のヒステリシスを付けると、遅れや信号レベルの違いに対応できない。

ジム・ウィリアムス 回答番号 32
タイトル
まとめレポートの感想1
ポイント
pt.
アクセス973
投稿日時17/11/26 16:13
ーーーー
疑問① NJM13600トランスコンダクタアンプでオクターブ下(f1/2 )を得る原理とは。
差動INとバイアスINの掛け算がOUTになるから。 また、副産物(f3/2 )はローパスフィルタである程度減衰させてある。
ーーーー
ーー>
矩形波には高調波がありますし、完全な掛け算ではないので、実際生成されるのは、信号をf1とすれば、
f1
f1±f1/2
f1±f1
f1±3f1/2



その大きさの分布は矩形波の高調波成分の比率です。
これらが全部聞こえるわけですかね。

ジム・ウィリアムス 回答番号 31
タイトル
4013がわからないサム
ポイント
pt.
アクセス920
投稿日時17/11/26 15:12
ーーーー
使用しているのはTC4013ですが、LOW,LOWが禁止なのは同じでしょうか?
http://www.e-ele.net/DataSheet/TC4013.pdf
ーーーー
4013の場合問題ないのかもです。
下図からはわかりません。
明快なデータがありません。
不安定、とは書いてありません。74とは違いますね。

ーーーー
添付画像はoc-2のDFF一段目のS,R,Qでの波形です。(74hc74でシミュレート)
ばっちりLOW,LOWが重なっています。
矩形波の生成には成功しているようですが、、DFF二段目のQバーからは電源電圧9VDCを出力している状態になっていました。これはspiceでの設定が悪いのでしょうか。

http://www.e-ele.net/DataSheet/TC4013.pdf
ーーーー
ーー>
わからないサム・・・
デジタルicに弱いサム・・・

※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

ジム・ウィリアムス 回答番号 30
タイトル
おもしろい!
ポイント
pt.
アクセス855
投稿日時17/11/26 14:35
>あと、oc-2のコンパレータの+と-を入れ替えた回路図も見つかりました!oct-1もHIGH、HIGHが重なるようになっていたので間違いっぽいですね。

ーー>
OC-1はOKです。
>HIGH、HIGHが重なるようになっていたので
ーー>
これ問題ないです。

>、oc-2のコンパレータの+と-を入れ替えた回路図も見つかりました
ーー>
面白いでっす!


ーーーーーーエンジンがかかってきたサム
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

ジム・ウィリアムス 回答番号 29
タイトル
jFETの可変抵抗
ポイント
pt.
アクセス822
投稿日時17/11/26 14:27
jFETの可変抵抗の例です。
ウィーンブリッジ発振回路の例です。
http://seppina.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-370a.html

無音時にFFから信号出ても、単にゲインを変えているだけなので音は出ないかもですね。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

エフェクター屋 回答番号 28
タイトル
中間発表
ポイント
pt.
アクセス839
投稿日時17/11/26 13:49
ジム・ウィリアムスさん

度重なる考察と解説ありがとうございます。
数式は全く追えませんでしたが、これまでの理解を元に整理した文章を起すことができましたので、添付します。

使っている用語が間違っているかもしれませんが、もしもっと深掘りできそうな部分があったら教えてください。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

エフェクター屋 回答番号 27
タイトル
LTspiceでのDFFシミュレート
ポイント
pt.
アクセス853
投稿日時17/11/26 13:39
YandHさんありがとうございます。

使用できる電源電圧が違うのですね。
74hcはspicemodelをどこからか拾ってきて使っていましたが、出力結果等に自信がなかったので、やはり鵜呑みにしてはいけないですね。

あと、oc-2のコンパレータの+と-を入れ替えた回路図も見つかりました!oct-1もHIGH、HIGHが重なるようになっていたので間違いっぽいですね。


YandH 回答番号 26
タイトル
シミュレートではよいかもしれませんが?
ポイント
pt.
アクセス785
投稿日時17/11/26 12:15
74hcタイプはDC電源電圧最大で6Vくらい、TC4000番シリーズは18Vくらいです。シミュレートではよいかもしれませんが、本番ではだめです。

エフェクター屋 回答番号 25
タイトル
CMP&DFF
ポイント
pt.
アクセス482
投稿日時17/11/26 10:39
使用しているのはTC4013ですが、LOW,LOWが禁止なのは同じでしょうか?
http://www.e-ele.net/DataSheet/TC4013.pdf

添付画像はoc-2のDFF一段目のS,R,Qでの波形です。(74hc74でシミュレート)
ばっちりLOW,LOWが重なっています。
矩形波の生成には成功しているようですが、、DFF二段目のQバーからは電源電圧9VDCを出力している状態になっていました。これはspiceでの設定が悪いのでしょうか。

※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

ジム・ウィリアムス 回答番号 24
タイトル
OC-2はおかしい。
ポイント
pt.
アクセス482
投稿日時17/11/26 02:45
回路図で、
CMPの+-が逆ではないかと思います。
R、SともにLOWになってしまう・・・
逆だとりかいできます。

FF(74)のデータ
http://akizukidenshi.com/download/ds/ti/sn74hc74.pdf
ではR,Sが共にLOWになるとやばいです。

ジム・ウィリアムス 回答番号 23
タイトル
OC-1,2はCMPを逆に使っています。
ポイント
pt.
アクセス397
投稿日時17/11/26 02:19
失礼!
ま違いがありました!
MAXHOLDではなく正負の整流でした。それをローパスに入れています。HOLDはしていませんでした。

>ここのコンパレータの役割で何が問題かというと、入力した波形とリンクしていない矩形波をコンパレータが出力してしまうことかな思いました。
ーー>
関係ない信号を出してしまう危険ですね。

>oct-1では上側しかMAXHOLD回路がないが、そのかわり下側に不感帯を設けることでそれを回避。
ーー>
無信号での対策ですが、不感帯が問題。いたばさみ。

>oc-2では上下MAXHOLD回路完備、しかも確実にしきい値を超えさせる工夫をしてそれを回避。
ーー>
OC-1,2ではコンパレータの使い方が逆です。
下図で整理しました。
大きな飛躍です。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

エフェクター屋 回答番号 22
タイトル
コンパレータの閾値
ポイント
pt.
アクセス355
投稿日時17/11/25 22:53
>MAXHOLD回路のローパス効果で、しきい値が信
>号を超えることがないのだと思えます。
>実際に問題なかったんだと思います。

ここのコンパレータの役割で何が問題かというと、入力した波形とリンクしていない矩形波をコンパレータが出力してしまうことかな思いました。

oct-1では上側しかMAXHOLD回路がないが、そのかわり下側に不感帯を設けることでそれを回避。

oc-2では上下MAXHOLD回路完備、しかも確実にしきい値を超えさせる工夫をしてそれを回避。

といった考えに落ち着きました。

ジム・ウィリアムス 回答番号 21
タイトル
うれちい!----------サム
ポイント
pt.
アクセス315
投稿日時17/11/25 22:52
>私もこのサイトは長いですが、これだけ明確に答えられた人はサムさん以外では石橋屋さんだけでした。

ーー>
かゆくなってきました・・・
頑張ります。




ーーーーーーーーーーやまさんサム

やま 回答番号 20
タイトル
サムさん すばらしい!
ポイント
pt.
アクセス352
投稿日時17/11/25 22:34
私もこのサイトは長いですが、これだけ明確に答えられた人はサムさん以外では石橋屋さんだけでした。

かなり錆びたサイトですのでガンガン気合を入れてください!
私も何回かカツを入れてみましたが、この体たらくです。
もっとハード屋とアナログ屋が頑張らないと良い物作りは出来ないと思っています。



ジム・ウィリアムス 回答番号 19
タイトル
16の訂正!
ポイント
pt.
アクセス308
投稿日時17/11/25 21:38
16の図の中の式を訂正しました。

ジム・ウィリアムス 回答番号 18
タイトル
たぶん
ポイント
pt.
アクセス311
投稿日時17/11/25 20:57
MAXHOLD回路のローパス効果で、しきい値が信号を超えることがないのだと思えます。
実際に問題なかったんだと思います。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

ジム・ウィリアムス 回答番号 17
タイトル
ウーーーーん
ポイント
pt.
アクセス316
投稿日時17/11/25 20:17
ーーーー
添付の回路図はオクターバー第2世代とも言えるboss oc-2のものですが、同様の部分について、コンパレータに閾値を持たせず上下きっちりと検出しているように見えます。これは無音時の配慮を切り捨ててより感度を上げたという捉え方でいいでしょうか?
ーーーー
ーー>
正負をゲイン信号では下げてMAXHOLDし、しきい値としています。
DCでは同じですね。

>これは無音時の配慮を切り捨ててより感度を上げたという捉え方でいいでしょうか?
ーー>
そうだと思います。思っていたほど心配はなかった、のか?
手前のローパスにゆだねている?
難しい問題です。
やってみないとわかりません。
思っていて程ではなかった?
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

ジム・ウィリアムス 回答番号 16
タイトル
まず準備です。
ポイント
pt.
アクセス297
投稿日時17/11/25 19:47
まずこの回路はRxでゲインが変わります。
jFETでRxを変えます。原因はf1/2の信号です。
ここで掛け算が行われます。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

エフェクター屋 回答番号 15
タイトル
コンパレータの閾値
ポイント
pt.
アクセス360
投稿日時17/11/25 08:15
ジム・ウィリアムスさん、ありがとうございます。
回路から読み取れる情報が増えてきました。

スパイスでシミュレートしたところ、
下側(入力波形のマイナスに振れる側検出)は約0.2Vの閾値がありました。これは無音時の配慮だったわけですね。と同時にそれを超える入力をしないと効果がでないということもわかりました。

と、ここで新たな疑問があります。

添付の回路図はオクターバー第2世代とも言えるboss oc-2のものですが、同様の部分について、コンパレータに閾値を持たせず上下きっちりと検出しているように見えます。これは無音時の配慮を切り捨ててより感度を上げたという捉え方でいいでしょうか?

※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

ジム・ウィリアムス 回答番号 14
タイトル
遠慮なくのサム
ポイント
pt.
アクセス329
投稿日時17/11/25 00:59
わからないことがあったなら、遠慮なく訪ねてね!



ーーーーーーーーーあなたのサム

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.