アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

yoshi05
タイトル
落穂ひろい
ポイント []
pt.
アクセス1380
カテゴリーその他
キーワード 落穂ひろい   スレッド   落穂ひろいだいぶ前   今更元   Powered by Yahoo
投稿日時17/08/22 22:52
だいぶ前のスレッドに対して、あとから思いついたのだけれど、今更元のスレッドを蒸し返すのも・・と思われることなど書こうと思います。
  
ダメ出しなどお願いします。

コメントする     


yoshi05 回答番号 17
タイトル
LED電球の不思議 - 波形の謎
ポイント
pt.
アクセス100
投稿日時18/02/11 01:49
11年の7月-8月にかけての, eNastyさんのスレッド。

eNastyさんがスライダックで実験した所、電圧不足時にLED電球が点滅する現象を見出し、
|やはり、75V~85V(テスターのAC250Vレンジで測定)では点滅
|(これ以上では正常点灯)というかフラッシュします。

これはなぜだろうというやり取りが未解決で、
ずっと小骨が刺さった思いでおりました。

先日、自宅のLED電球が点滅を始め、
 あ!もしかしたら現象が再現したのか?
と、調べてみました。
ブリッジ整流したあと(秋月電子にあるFSD210BみたいなICで)DCDC変換してLEDに供給しています。
 
有りがちな故障で、平滑コンデンサのC1,C2が一目で判るほど劣化しており、
それぞれ10uFのはずが、ほぼ0uFと 3.7uF程度に容量抜けしていました。
 
計算も実測もしていませんが、
容量抜けのためDCDC変換に電流を充分供給できずOff->
  #ICのVccを供給するC3に注意。
  その後、しばらく充電したらOn
を繰り返しているように思えます。

eNastyさんが使っていたLED電球が同じような内部構成だとすると、
電源電圧が不足したときに
 回路電圧が不足してOff ->しばらく充電したあと On
という動作はありそうです。

そういえば・・自分でこう書き込んでいました。
|
|ps.
| この電球、安いのに PFC回路を組み込んでいるんだろうか。
|
うん、納得できる気がしてきました。


## 
思い出せる範囲では、これで(私が関わった)未解決問題はなくなったと認識します。
一件、トライアックの転流失敗を懸念したスレッドが、質問者がいなくなって尻切れになっていますが、
実はトライアック云々以前に、on/off信号を作っているトランジスタかそこからの配線がノイズにやられていたのでは? と考えます。
 
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

yoshi05 回答番号 16
タイトル
Howlandタイプのフィードバック
ポイント
pt.
アクセス621
投稿日時17/09/23 22:35
NAKAさんは、LEDに大電流を流したくて、
オリジナルだとオペアンプの出力電流が不足なのかと思います。

といっても、100-300mAも流せれば足りるのではないでしょうか。
添付で如何でしょうか。

※ベース抵抗とかは補ってください

・・って、RL->0 にして、よく見たら、ごく普通の回路になっていました。
 
ps. >>Greenline様
オリジナルのスレッドには「(まだ詳細未定ですが、獲得ポイント数によるプレゼント?!なども検討中です)」とありますね・・

pps. springwind さん、居なくなったのかな。 
高杉晋作(諱=春風)を出したのに・・
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

yoshi05 回答番号 15
タイトル
ピークホールド 3
ポイント
pt.
アクセス702
投稿日時17/09/13 23:53

> ツッコミをお待ちします。

しょうがないから、自分で。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

yoshi05 回答番号 14
タイトル
ピークホールド2
ポイント
pt.
アクセス887
投稿日時17/09/07 01:37
続きです。
 
考えかたは同じですが、-1 では、D1,D2の間を「エイヤ」と合わせこんでいるのを、フィードバック経路で合わせ込むようにしてみたものです。

「D1のVfと同じVfがD2に発生するように」= D2のカソード電位をD1のそれと同じにする と考えて、
D2のカード側の電圧をオペアンプのフィードバック経路にコピーするためにD3を使っています。
フィードバック・ループはRb, Rfで維持します。
 
この手なら、R1を大きくしても良さそうですが、そうは行かないようです。まあでも、1%-数%くらいの誤差で、数十マイクロ秒維持できればいいという場合は結構あるんじゃないかな。
 

ツッコミをお待ちします。

ps.
カレントミラーを使って D1,D2の電流を合わせ込むのも手かなと思案したりもしました。




※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

yoshi05 回答番号 13
タイトル
ピークホールド
ポイント
pt.
アクセス883
投稿日時17/09/07 01:03
さて、星といえば、β星さんを思い出します。

5年より少し前のスレッド。
# 12/01/04「ピークホールド回路が変なので・」
 と「ピークホールド回路(続き)」 
 
スレッドの中で Mususuさんが、このオペアンプを飽和させるような使い方をすべきでないと指摘しました。
 
その後、NAKAさんが、「高速ピーク検出回路の検討」と題したスレッドで、「トラ技2012/5の改良回路」を紹介しました。
この改良回路は、オペアンプを飽和させないようにしたものです(と書いています)。

ですが実際に動かして(シミュレーションして)みると、出力端子の信号は少し暴れるようです。 NAKAさんも「リンギングが増えてしまいます」と指摘しています。

そこで思案して・・
「ダイオードをループの外に出し、Vfの分を補正する」という方針で考えたのが添付図です。D1のVfで生じる分をD2のVfで調整します。調整するためにはD2とD1に同程度の電流を流すべきなので、D1の電流はサンプルホールドとしては大きめに設定し、D2には同程度の電流が流れるように (オペアンプのバイアス電流も考えながら)Ra, Rbで調整します。
D1従ってD2がオフになる時は Rbの経路でループを維持します。
 
ホールド時間が短くなることは承知で、意図的にD1の電流を大きめにするのが味噌。

・・続く
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

yoshi05 回答番号 12
タイトル
> 5年も経
ポイント
pt.
アクセス869
投稿日時17/09/06 23:42
> 益々デジタルに宗旨替え

 ふ・ふふ・・ (私も、色々考えています)。


> コンデンサ結合か何かが抜けているのではないか

えと、実際に描いた回路でシュミレーションした結果です。何も足さない・何も引かない図です。
 
・・といいたいけど、inにつながるのは、0v中心のACとそれに重畳したノイズ信号です。
#ACラインのゼロクロス検出をイメージしてます。なぜかAC100Hzにしてますが・・
 
ps. 先の添付図、ご確認頂きましたでしょうか?
 

鐘森 回答番号 11
タイトル
5年も経っていたとは・・・
ポイント
pt.
アクセス891
投稿日時17/09/06 19:27
最近、LatticeのFPGAを調べる機会がありまして、価格的にも数百円からラインアップされていることに驚いています。
しかも、クロック内蔵です。
5年前にはちょっと考えられなかったかも。

こうなるともう、FPGA(デジタル)でもいいのかな?と不埒な考えが止みそうにありません。
10nsx1000tap=10us~20nsx500tap=10us位の回路を100ns~200ns位のレイテンシで実装できないかなぁ?等々、ぽつりぽつりと考えてみたりしています。

評価ボードも数千円からあるようなので、益々デジタルに宗旨替えしそうです。

MUSUSU2 回答番号 10
タイトル
Re:あちゃ
ポイント
pt.
アクセス871
投稿日時17/09/06 19:18
yoshi05様

 >p.s. Fig.4,Fig.5とFig.6の回路、つながりません。
の意味は、
 コンデンサ結合か何かが抜けているのではないかということです。あるいは、何か別のものか?

yoshi05 回答番号 9
タイトル
あちゃ~
ポイント
pt.
アクセス948
投稿日時17/09/05 13:00
MUSUSU2さん、ダメ出しありがとうございます。
またボケたか・・ 

ただ、
それなりの定数を与えて試すとそれなりに動くようです。 それなり・・ですが。

>ノイズが入った信号のゼロクロス検出というよりは、ゼロクロスを検出した後しばらく感知しない回路と見た方が自然と感じました。

発想・考え方もその通りです。
用途として、AC波形のゼロクロス検出を想定したのですが、
キースイッチのチャタリングキャンセル等もアリですね。
ゼロのレベルを適当に設定すれば色々ありです。検出したい信号のおおよその周波数がわかっていて、ノイズ成分よりずっと低ければいいでしょう。


>p.s. Fig.4,Fig.5とFig.6の回路、つながりません。

よくわかりませんでした。
Fig.4の部分拡大図と、試した回路なのですが。



※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

MUSUSU2 回答番号 8
タイトル
Re:更に
ポイント
pt.
アクセス957
投稿日時17/09/04 22:42
yoshi05さん

ダメ出しです。

遅延回路というよりは、ワンショットマルチバイブレータに近いのでは?
 入力の変化は、コンデンサを通るパスですぐ出力に影響が出るでしょう。

MUSUSU2 回答番号 7
タイトル
Re 別の星
ポイント
pt.
アクセス962
投稿日時17/09/04 22:32
yoshi05さん、
 ゼロクロス回路、面白いですが、何のゼロクロスなのかよく分からないと感じました。
 ノイズを含めた信号のゼロクロスとして働きますね。
 ノイズが入る前の信号のゼロクロス点ではないので。

...と考えたあと、ノイズが入った信号のゼロクロス検出というよりは、ゼロクロスを検出した後しばらく感知しない回路と見た方が自然と感じました。
 オシロスコープのトリガー回路みたいなもの。

 以前あるコンパレータ回路の不具合対策を考える事がありました。その回路は、信号の変化がゆっくりだけども、レベルを検知したらスパッと動くことが求められました。正帰還のかけ方などの工夫で、使えるものを設計しました。また後ろの回路をしっかり作り、稀にばたつくことがあっても、悲惨なことがないようにしました。
 しかし、あとで、昔のオシロスコープのトリガー回路みたいなものが良かったのかと考えたことがあります。あるオシロのトリガー回路では江崎ダイオードを使っていました。

 p.s. Fig.4,Fig.5とFig.6の回路、つながりません。DC結合の波形ではないのですが。

yoshi05 回答番号 6
タイトル
更に、
ポイント
pt.
アクセス1003
投稿日時17/09/04 12:58
>#二連VRが必要になりそうなのが嫌ですね。
でも
>帰還がかかる回路はなるべく避ける方が良いし、AC結合も避けた方が良い

と言うのは同感なので、考えてみました。結果、

「帰還」させずに、入力の INVを キャパシタに繋げば良い。つまり、帰還のゲートの入力を、not 入力 につなぐ。

気がつけば単純で、何の事はない、
こちらのほうが自然かもしれません。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

yoshi05 回答番号 5
タイトル
別の星
ポイント
pt.
アクセス1082
投稿日時17/09/02 08:29
#MUSUSU2さん、
#二連VRが必要になりそうなのが嫌ですね。
#オペアンプの懸賞がついたスレッドです。
#もう五年くらい前になるのか。
 
さてこちらの星には、別の回路・・ゼロクロス検出回路を考えております

fig.1のように、ややノイジーな入力波形をゼロクロスするとき、ヒステリシスを持たせて fig.2のような回路にします。

そうすると、ゼロクロスと言いながら、ちょうど0ではなくてヒステリシスの分だけゼロからずれた電圧を検出しています。

ヒステリシス幅を小さくすると、ノイズに弱くなり、
大きくすると、検出する電圧が0から離れてしまいます。

そこでフィードバックのR7を fig.3のように置き換えます。その効果は、Fig.4-6を御覧ください。

fig.3の右側の R7は大きくします(できます)。
そうすると、鐘森の星の定数を調整したみたいな関係を見て取れます、
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

MUSUSU2 回答番号 4
タイトル
RC遅延2段では?
ポイント
pt.
アクセス1085
投稿日時17/08/31 22:33
 元の問題の制約を知らないで書いていますが、
単純なシュミットインバータを使ったRC
遅延回路2段ではどうでしょう。
 ゲートが3つとR,Cそれぞれ2個でできます。反転2段位よって入力の遷移H->LにもL->Hにもほぼ同じ遅延時間になると思います。
 動作の解析は簡単、ゲートの入力に異常な電圧がかかる心配もありません。

 回答番号1のように帰還がかかる回路はなるべく避ける方が良いし、AC結合も避けた方が良いというのが私の考えです。
 

yoshi05 回答番号 3
タイトル
Re アラ
ポイント
pt.
アクセス1142
投稿日時17/08/31 07:54
ずっと前、漁師のおじさんに教わったところでは、
アラと言えば、イシダイみたいな魚で
結構なご馳走でした。

御指摘の点に、
鐘森さんに対策を講じていただいて、
その上で 鐘森の星とする、と言うことでいかがでしょう。

鐘森 回答番号 2
タイトル
たくさんみつかる冴えたやりかた
ポイント
pt.
アクセス1237
投稿日時17/08/28 22:06
yoshi05さま
呼ばれて飛び出て…、お久しぶりです。鐘森でございます。

出向だの復帰だのPCの入れ替えだのパスワード無くすだの、色々やらかしたままROMっておりました。

今回、改めて過去メールを漁ったところ、割とあっさりパスワード見つかり、yoshi05さんのパワーに戦慄しているところです。

さて、折角なので追試してみました。アラサガシをご堪能ください。
(1)オーバーシュートがやばい
(2)アンダーシュートがやばい
(3)ラッチアップがやばい(HCだとrise/fall time≒500ns max)

とはいうものの、いずれも解決策がありますので大事には至らないかと思います。

何にせよyoshi05さんの発想力には驚かされます。
もう、yoshi05の星のほうが良いのではないでしょうか?


※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

yoshi05 回答番号 1
タイトル
鐘森の星
ポイント
pt.
アクセス1408
投稿日時17/08/22 23:40
「遅延時間を作りたい」というスレッドで、鐘森さんが「たぶん一番簡単な方法」として示されたことに、私が回路を描いてみた所、リカルドさんから dutyが・・とダメ出しいただきました。

鐘森さんが「ヒステリシスを使えば対応できるのでは」と仰ったあと、
私が(L->H の閾値と H->Lの閾値の大小関係が逆)で難しそうと言ったのですが・・
それが何処か、片隅に引っかかっていました。

で、
LPFのコンデンサの片方をGNDに固定するのをやめれば L->H と H->Lを対称にできるのでは?
と気が付きました。具体的には、コンパレータの出力を反転したものにつなぎます。
spiceしてみたら、それなりに、うまくいきそうです。

ただ、まだ問題があって・・
 よくあるコンパレータの出力をpull-upするタイプだとHLが対称じゃない。それに・・
・・これデジタルでもできてしまう・・ 
  
じゃぁと、書き直したのが添付図です。

鐘森さん、ご覧になっていたら・・ 
この回路を、改めて「鐘森の星」としませんか?
 
6ゲート入っている74HC04の一パッケージで、(in ないし /in を併せて)3相をつくれます。

そうするとスター結線することもできて・・
#いまのとこ「星」と引っ掛ける意味しかないのですが。


※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.