アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

ハルヒ
タイトル
ad7190の-CSがHの時のDout状態
ポイント []
pt.
アクセス647
カテゴリーA/D&D/Aコンバータ、クロック
キーワード Dout状態AD7190   ドキュメント   和文英文   Dout出力   取説   Powered by Yahoo
投稿日時17/08/06 22:26
AD7190の和文英文の取説のどちらにも、-CSがHの時のDout出力の状態が明記されていません。
HZと理解して良いのでしょうか?
明記されているドキュメントがあれば、教えて下さい。

コメントする     


MUSUSU2 回答番号 7
タイトル
簡潔で分かりやすいのが良い
ポイント
pt.
アクセス488
投稿日時17/08/10 20:57
 Fig.3中の中間電位は、Floating とかHigh Zと付記した方が良いと思います。 同じようにFig.4 の中間電位的な表記は、Do not careと注釈すべきでしょうね。 自分の手書き設計図では、Xをダルらせたような表記を使っていました。
 フロートの時の漏れ電流記述は、どのときにフロートになるかを期してあれば、「-CS=Highの時」という記述は不要だと思います。 そう考える理由は、ICを見るのに、ピンからピンへの単純関係とみるのではなく、機能の構造的な理解と合わせてみるのが自然と考えるからです。

技術文書は簡潔で分かりやすい表現、そしてあいまいさがない文章がが望ましいと思っています。 しかし、アナログデバイスのデータシートは、比較的読みづらいことが多いです。 fontが小さいのも読みづらい。

 他社のデータシートですが、中にはひどいものがあって、アクティブローなのにCSとか名づけている例があります。 そういうのこそ誤解を招く。 いや、それは誤解ではなくて、間違いや嘘の世界でしょうか。 その説明で「CS=ローの時、デバイスが選択される」などという文章を読むと頭がおかしくなりそうになります。 (リカルド)さんの回答'CS'の前に'-'が抜けていますね。 こういうのがまずいと言うのが私の思想です。 

 信号の名前は、単なる記号ではなく、意味を表すようにしないと読みづらくなる。 だけれど、どこまで、お約束とするかは、???です。各人勝手な答えを持っているのでしょう。ほとんど意識せずに。

 それは別にして、分からないので聞くことと、メーカーに改善を求めることを区別して投稿して欲しいです。 質問とみて、答えたのが馬鹿らしいです。

abu 回答番号 6
タイトル
お約束?
ポイント
pt.
アクセス559
投稿日時17/08/09 11:12
チップセレクト(CS)やチップイネーブル(CE)のような名称のついている端子をインアクティブにした場合、データバス端子がハイインピーダンスになるというのは、この業界の常識みたいな部分かもしれません。またデータシートの当該部分はデジタル入力であるのに中間電位で表現されていて、それをHi-Zとみなすというのも同様です。
どのような業界においても、お約束のような記号がないと、逆にわかりにくくなることもあると思います。もちろん初心者には不親切だとは思いますが、このレベルで文句を言ってしまうと、今後悪意を持ってるのかと思えるほどのひどいデータシートたちを攻略できなくなります。

ただアナデバさんのデーターシートの「デジタル側」の説明が本当にあっさりとしていて、不安に思いながら設計することも多いというのは昔から感じていたことで、これこそがまさに業界の常識なのかと思っておりました(笑)

yoshi05 回答番号 5
タイトル
どっちも・・
ポイント
pt.
アクセス555
投稿日時17/08/09 00:48
MUSUSU2さんにも、リカルドさんにも同意できます。

/CS=Hi の時の状態の記述は見当たりませんが、
だからといって、直さなくちゃならないミスなのかは・・どうかなぁ。他の間違いに比べたら軽い気がします。
 
というのは、

page 29. の
The serial interface of the AD7190 consists of four signals: /CS,DIN, ...
からを読み進むと、

CS is used to select a device. It can be used to decode the AD7190 in systems where several components are connected to the serial bus.

とあるから、MUSUSU2 さんが書いたように、Chip Selectの意味なんだと理解できるし、

The serial interface can operate in 3-wire mode by tying CS low.
In this case, the SCLK, DIN, and DOUT/RDY lines are used to communicate with the AD7190.

あたりで、「そうか、CS-pinは、Chip Selectの意味だけじゃなくてデータの開始指示(同期)の意味もあるんだ。ってことは、データ読み出し前にHighにしなきゃ」 と理解できます。

このICについては、データシート以外に、UGとかルネサスCPUとのインタフェース例(評価ボード資料)とか、ドライバソフトとかいっぱい提供されているみたいだから、
そっちも参考になりそうだし・・
  
FAQには、
#すぐに見つかるところとも言えませんが、
When CS is high, the serial interface of the ADC is disabled and it ignores any activity on the data bus.
To communicate with the ADC, its CS line can be taken low.

(Figure 1. Interfacing several ADCs to a single microcontrolle の一寸前)

という記述もありますし・・
 
リカルドさんが指摘するように、直した方がより良いとも思います。
#それを言ったら、そうじゃない資料って・・

うーん・・


リカルド 回答番号 4
タイトル
確かに細かい点が抜けていますね
ポイント
pt.
アクセス616
投稿日時17/08/08 13:19
 ハルヒさんの言う通り、確かに細かい点が抜けていますね。
CSがHの時に、どの信号がハイインピーダンスになるか明確にするべきでしょうね。
 Doutの説明の所でも、CSがHのときハイインピーダンスになると言う説明が欲しいですね。

MUSUSU2 回答番号 3
タイトル
アナログデバイスの人間ではありませんが
ポイント
pt.
アクセス645
投稿日時17/08/07 17:59
ハルヒさんへ
 
質問の意図が分かりませんでした。今もよくわかりません。
 ハルヒさんが、IC選択されていない時に、Doutがフロートになることに確信が持てなかったのでしょうか?
確信が持てたけれど、データシートとして改善を求めているのでしょうか?
 私は、データシート全体を把握してはいませんが、Doutがフロートになることに何の疑いも持ちませんでした。

 図3のタイミングダイアグラムで、LowでもHighでもない中間にひかれた線がフロート状態を示していることを明示するためにそこにHighZとかfloatと記すべきということでしょうか?
 あるいはそれとは別に、「-CSがHighの時にDoutはフロートになる」と表5の -CSの項目に書き加えるべきということですか?
 どちらにしても、それがなければ「確実に誤解を招く」話ではないように思います。 そもそも、CSはChip Selectから来ている名前であること、複数のデヴァイスをシリアルバスで使うことを想定したICであることを考えれば、むしろDoutがフロートにならないことの方が普通ではなく、そういう時は特記が必要でしょうね。

ハルヒ 回答番号 2
タイトル
RE: 英文データシートでは
ポイント
pt.
アクセス677
投稿日時17/08/07 09:58
USUSU2様 回答有り難う御座います。
回答中のデーターシートの内容は把握していての質問をアップしました。

データシートの第8ページの図では、「-CSのHighでフロートになることが図示されています。」と言うことですが、図上には何の説明もありません。

また、「第5ページには、そのフロート状態について、漏れ電流が最大±10μAと書かれています。」と有りますが、条件として「-CS=H」とかの記述が必要と思われます。

つまり、データーシート上では、-CSの状態とDoutの状態との関係性が明記されていなく、これらの関係性を読み者の推測に依存するのはメーカーとして、どうなのでしょう。

と言うことで、質問しました。


このデーターシート内容では、確実に誤解を招くだろうと思い、初心者マークにチェックを入れた次第です。、



MUSUSU2 回答番号 1
タイトル
英文データシートでは
ポイント
pt.
アクセス678
投稿日時17/08/06 22:57
普通のICでは、CS(チップセレクト)がニゲートされていれば、データ出力ラインはフロートになります。
 ( これは、名前付けの規定がしっかりしている製品では、「-CS」という名の信号の場合、Highレベルにされているということと同じ )

 AD7190については データシートの第8ページに-CSの信号によるDoutの変化が、書かれています。-CSのHighでフロートになることが図示されています。
 第5ページには、そのフロート状態について、漏れ電流が最大±100nA(投稿の間違い直しました)と書かれています。
 ですから、ディスエーブル状態のDoutラインの電位を確定するには、値がどうなるか分からないその電流を受け流す必要があります。 ですが、そこに記されているのは、規定された条件の中での最悪値であって、ぬるい動作環境の中で、少数のサンプルを試すと、最悪値よりもずっと小さい漏れ電流になるでしょう。

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.