アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

yoshi05
タイトル
LMT01
ポイント []
pt.
アクセス773
カテゴリーMEMS&センサー
キーワード LMT01   GPIO入力   二端子発振器   温度センサー   アナログ的   Powered by Yahoo
投稿日時17/03/05 19:17
  
表記は、TIの温度センサーです。
一瞬、二端子発振器を組み込んだのかな?と思いました。

デジタル出力なのでGPIO入力に直結できそうです。
-50Cから 150Cまでで +-0.7C は、なかなか・・

こんなのが流行るとアナログ的なお話が減ってしまうようで寂しくもあります。


コメントする     


PNP-NPN 回答番号 2
タイトル
アナログ vs デジタル
ポイント
pt.
アクセス959
投稿日時17/03/07 13:30
 半導体温度センサーは、狭い測定温度範囲(-55℃から+150℃ぐらい)であれば、確かに大変便利なものです。測定出力は、アナログあるいはデジタルであり、それも電圧信号または電流信号と分かれています。それぞれの特性と用途は主に次の通りです。

1.アナログ電流信号:測定値はリニアライズされた電流信号です。長いワイヤーを使っても、原理的に信号は配線抵抗の影響を受けません。仮に1000mのケーブルで数100Ωの抵抗があっても(現実的にはもっと小さいでしょうが)ここで発生する電圧は数100mVで、測定電流値は正確に戻ってきます。ハードな環境で、信号処理回路がセンサーのそばに置けない用途や、先のように長い配線を必要とする用途に向いています。2ワイヤーの素子なので、配線材も最小です。

2.デジタル電流出力:LMT01は、このタイプです。測定値を周波数変換して電流パルスで伝送します。やはり配線抵抗の影響を受けにくいインターフェースですが、配線容量やインダクタンスの影響を受けます。そのため伝送距離は、アナログ電流式ほどは取れません。MPUのカウンターやタイマーなどを使うとAD変換器無しでデジタル値に変換できます。ハードな使用環境向けでしょう。

3.アナログ電圧出力:一番分り易い動作方式です。電圧信号が配線の影響を受けるので、送受信側が離れた用途には向きません。またMPUなどで使うには、ADコンバータが必要です。アナログ信号をそのまま使用して、4-20mAの発信器回路を構成したり、熱電対回路の零点補正のための端子台温度を測定したりする用途に良く使われます。単純にアナログ・コンパレータと組み合わせて、温度リミッタやアラームなどにつかうにも便利です。

4.デジタル電圧出力:内部にAD変換部を持ち、一般的にシリアルデータとして出力ます。インターフェースはSPIやI2Cなど、工業計測でよく使用されるものが一般的です。シリアルデータなので、センサーと信号処理側のアイソレーションも簡単です。(温度測定なので、それ程の高速伝送は必要ない)最近はデジタル回路が進化し、内部のキャリブレーションで高精度が実現されています。外部の補正や付加回路無し(無調整)で、±0.1℃の精度を保証したものもあります。MPUがそばにあって、無線などでデータを送るリモート・センサーや、RS485インターフェースなどに向いているのでしょう。

 ADI社で供給しているAD590/AD592というアナログ電流出力センサー(1のタイプ)は、40年以上前に開発されたものですが、今でも弊社の温度センサーの売れ筋上位に位置しています。長距離の信号伝送が正確に2線でできるという特徴が好まれているのだと思います。(小さいパッケージ、4ピンLFCSPというのも)ご興味のある方は、下記をご覧ください。

AD590_Data_Sheet

AD592_Data_Sheet






YOshim 回答番号 1
タイトル
使い勝手はデジタル、性能はアナログという住み分けでしょうか
ポイント
pt.
アクセス826
投稿日時17/03/06 15:21
客先の要求で温度測定に測温抵抗を使う場合は、
電流流すために定電流源が必要になり
信号増幅するためのアンプも必要になり
デジタル式なら楽なのにと愚痴をこぼしていました。

精度が必要な場合は、やはりアナログで組むしかないので
悲観的になる事はないでしょう!

でも温度測定で精度が求められることってあまりないかな・・・

それにしてもTIはセンサーに力を入れていますね。
IoTの影響でしょうか。

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.