アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

kamakiri
タイトル
AD8276
ポイント []
pt.
アクセス1248
カテゴリーアンプ&コンパレータ
キーワード 半波整流回路   AD8276AD8276   正弦波   全波整流回路   センサ電圧   Powered by Yahoo
投稿日時17/02/12 15:43
AD8276を使用して半波整流回路もしくは全波整流回路を作りたいと思っています。

AD8276は電源電圧以上の電圧を入力できる様なので、AD8276の電源を単電源にして、入力した正弦波の負電圧部を0をとして出力し、半波整流回路としたいと考えています。

この使用方法は問題ないでしょうか。


ちなみに入力電圧は4.5Vpeak/1kHzの正弦波です。
センサ電圧をマイコンのADポートまで伝達する回路なので、できるだけひずまない回路が求められています。
伝達誤差の目標は±1%以内です。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

コメントする     


kamakiri 回答番号 8
タイトル
AD8276
ポイント
pt.
アクセス1052
投稿日時17/02/15 20:31
s_ibass 様


情報ありがとうございます。
助かります。

皆様からいくつか候補を頂いたので
特性とコストから選択していこうと思います。



kamakiri 回答番号 7
タイトル
LMC6482 / 6462
ポイント
pt.
アクセス1163
投稿日時17/02/15 20:25
yoshi05 様


確かにデータシートに記載がありますね。
正にこのようなイメージです。
スルーレートが気になりますが購入を検討してみたいです。

kamakiri 回答番号 6
タイトル
AD820
ポイント
pt.
アクセス1087
投稿日時17/02/15 20:12
PNP-NPN さん


紹介して頂きありがとうございます。
バイアス電流も小さく、目的を達成できるかもしれません。

少量購入して実機で見てみようと思います。

s_ibass 回答番号 5
タイトル
AD8276
ポイント
pt.
アクセス1118
投稿日時17/02/15 16:16
kamakiriさま
こんにちは。丁度同じような調べ物をしていたのですが、下記で書かれている事からすると大丈夫ではないでしょうか。

http://www.analog.com/jp/analog-dialogue/articles/more-value-from-absolute-value-circuit-diff-amp.html

AD8277はAD8276の2個入りICです。
的外れなコメントであれば済みません。

宜しくお願い致します。

yoshi05 回答番号 4
タイトル
他社ですが、
ポイント
pt.
アクセス1094
投稿日時17/02/15 13:00
少し意地悪・・
 
LMC6482 / 6462 にも、同じ使い方を書いています。
こちらでは、入力保護抵抗を必要としています。
 

PNP-NPN 回答番号 3
タイトル
こんなアンプもあります
ポイント
pt.
アクセス1236
投稿日時17/02/15 11:48
 スレ主さんは、片電源OPアンプで正負信号の整流回路を作りたいということですが、一般的なOPアンプでは入力が電源以下の電圧になるとデバイスにストレスがかかりますというアドバイスだと思います。

 実は世の中にはこんなアンプがあり、それを使うと結構便利な整流回路ができるというお話です。アナログ・デバイセズ社のAD820やAD822というOPアンプは、入力がマイナス電源より-20Vぐらい低くても大丈夫で、なおかつ低い電源電圧(3V~)から単電源動作が可能なOPアンプです。この特長を生かして、アンプ二つを組み合わせると添付の図のような両波/半波整流回路を作ることができます。

 ダイオードなどは必要ありませんし、アンプはレールtoレールなのでおおきな振幅が取れます。AD820はシングル、AD822はデユアルで、アンプの性能は同じです。小さく作るならAD822を1個で回路を作ることができます。これらのOPアンプは、FET入力なので、インピーダンスの高いセンサーの受けのアンプとしても最適です。アンプの帯域はGB積で2MHzに満たないので、高速アンプということではないのですが、1KHzの大振幅(4.5Vp-p)信号としては十分だと思います。回路動作の詳細はAD820のデータシートに解説してあります。AD822でも回路は同じです。データシートも添付いたしますので、ご検討ください。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

kamakiri 回答番号 2
タイトル
ありがとうございます
ポイント
pt.
アクセス1145
投稿日時17/02/14 12:26
Bravemanさん


ありがとうございます。
早速アプリケーションノートAN-1387とMT-212のデータシートを読んでみます。
またよろしくお願いいたします。

Braveman 回答番号 1
タイトル
入力保護があるとはいいながらも・・・
ポイント
pt.
アクセス1191
投稿日時17/02/13 17:18
kamakiriさん

AD8276は、内部ブロック図を見て頂けると理解早いですが、アンプの入力には抵抗が内蔵されており、そのため高い電圧まで入力出来る設計されておりますが、保護回路というのは瞬間的に所望の電圧を超えるときに耐えるよう設計されているものでして、定常的に(たとえサイン波であっても)周期的に過大電圧を印加しても良いというものではございません。

似たプロテクションではありますが、より最近の優れものはADA4177というOP07系の高精度アンプがあります。こちらも電源電圧を超える電圧が印加されても破壊されず耐えるものですが、同様に定常的に印加して大丈夫というものではございません。こちらの場合は、電源へ流出する電流による発熱が問題となりますため、入力に制限抵抗を入れることで破壊に対する対処は可能です。アプリケーションノートAN-1387というものがございますので、ご確認下さい。

半端整流したい場合は、MT-212で紹介されているようなダイオードとの組合せで構成されることをお勧め致します。

宜しくお願いします

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.