アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

kamakiri
タイトル
正弦波発振回路
ポイント []
pt.
アクセス1513
カテゴリーアンプ&コンパレータ
キーワード 正弦波発振回路   振幅   正弦波発振回路添付   ダイオード二つ   振幅制限   Powered by Yahoo
投稿日時17/02/02 14:44
添付の正弦波発振回路について質問です。

こちらの回路はダイオード二つによって正弦波の振幅制限をしていると教科書に書いてあったのですが、どのような動作で振幅を制限しているかが分かりません。

正弦波のは波高値を求めるにはどのように考えればよいでしょうか。
ご存じの方、よろしくお願いいたします。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

コメントする     


kamakiri 回答番号 2
タイトル
振幅制限
ポイント
pt.
アクセス1463
投稿日時17/02/04 09:03
PNP-NPN 様

返信ありがとうございました。
その後シミュレーションでダイオードがある場合、ない場合で比べたところ、振幅制限の原理を理解することができました。
ダイオードによるVFによるリミット回路なのに、きちんと正弦波波形として出力されることに驚きました。
また一つ勉強になりました。

PNP-NPN 回答番号 1
タイトル
クワドラチャ発振器
ポイント
pt.
アクセス1680
投稿日時17/02/02 16:22
 この回路は、クワドラチャ発振器と呼ばれているものですね。原理的には二つの積分回路を循環するように接続した、リングオシレータに似ています。この出力の振幅を制限して安定化するための回路が、二つのダイオードとその先についているR1からR4の抵抗分圧器です。、
 ±12V電源の精度や安定度とダイオードの順方向電圧は、この際おいて置いておいて、発振出力の振幅は、抵抗分圧器の電圧で決まります。例えばR1=R2=20kΩ、R2=R3=5KΩとすると、発振出力の振幅は、6Vp-p(±3V)になります。実際はダイオードのVFの電圧分でやや広がります。
 ダイオードはともに左のアンプの入力につながっていますが、この点の電位はフィードバックが正常ならば仮想接地の電位、0Vです。左のアンプの出力が正側に振れて、R3/R4間の電圧がプラスになるとダイオードが導通してアンプの入力に電流を流し込み。振幅をおさえます。そのときの左のアンプの出力は約+3Vです。同じように負側に振れてR1/R2の電圧が0V以下になると上のダイオードが導通して振幅を押さえます。そのときのアンプ出力電圧は、-3Vです。実際にはここにダイオードのVFが加わるので、0.6Vぐらい振幅が広がります。

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.