アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

POR
タイトル
リファレンス電圧生成回路
ポイント []
pt.
アクセス1360
カテゴリーアンプ&コンパレータ
キーワード ADR4550   AD5791   リファレンス電圧   反転増幅   ADA4000-1   Powered by Yahoo
投稿日時16/10/06 13:56
20bitDAC(AD5791)のリファレンス電圧用に
ADR4550を使用して+/-5Vを生成する回路を検討しております。

ADR4550の+5V出力をゲイン1倍の反転増幅を通して-5V出力することを
考えているのですが、この反転増幅に使用するアンプとして
ADA4000-1(ADR4550のデータシート図95を参考)のような
低バイアス電流品を使用した方がよいのか
それとも
AD5791の回路ノート(CN-0191 図1)の回路例にある同様の働きをする反転増幅アンプとして使用されているAD8676Bのような低オフセット品の方がよいのか、どちらが適切な製品か教えて頂けないでしょうか
システムとしては可能な限り低ノイズ化を最優先で構築しております。
よろしくお願い致します。

コメントする     


POR 回答番号 4
タイトル
ありがとうございます
ポイント
pt.
アクセス1175
投稿日時16/10/17 17:45
皆様、ご回答ありがとうございます。

Braveman さんがご回答下さった ADA4522 が
オフセットも低くバランスが取れているため
まずは ADA4522 で検討を進めて
シミュレーションしてみようと思います。

Braveman 回答番号 3
タイトル
ADA4522では如何でしょう?
ポイント
pt.
アクセス1263
投稿日時16/10/14 11:19
PORさん、
20ビットもの高分解能な製品のリファレンスになりますので、オフセット、オフセットドリフト、ノイズが問題になると思います。これらを満足しそうな製品としては、以下があげられます。

Noise Vos Vos TC
AD797 900pV/rt-Hz 40uV 200nV/C
AD8676 2.8nV/rt-Hz 50uV 200nV/C
OP27 3nV/rt-Hz 25uV 200nV/C
ADA4522 5.8nV/rt-Hz 5uV 2.5nV/C

ADA4522はゼロドリフトアンプですので、オフセットとドリフトが非常に良い特性を出します。そして、ADA4522は低ノイズでもあります。ゼロドリフトアンプのマイナスの特長にもなりますが、高い周波数においてノイズ性能が悪くなるのですが、ADA4522はこれを改善されております。こういう総合的な判断から、ADA4522をお勧めしますが、如何でしょうか?

宜しくお願い致します

リカルド 回答番号 2
タイトル
買って実験してみるのも一つの方法です
ポイント
pt.
アクセス1267
投稿日時16/10/13 22:57
 データシートを見て考えるより、買って実験して評価するのも一つの方法です。
 大して高い部品でも無いようだし。

yoshi05 回答番号 1
タイトル
私なら・・
ポイント
pt.
アクセス1342
投稿日時16/10/13 12:26
#アナデバさんの技術資料についてのご質問・指摘なので、皆さん、コメントを控えているのだと思います。
=> Braveman さん、よろしく!


ADR4550の出力インピーダンスが大きくて、オペアンプのバイアス電流で問題になる程度なら低バイアス品

リファレンス電圧の精度が必要でかつ正負の絶対値が一致することを求めるのだとすると、低オフセット品

を選ぶと思います。

その上で計算したりシミュレートしたりして確認ですが。


スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.