アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

NP
タイトル
PNPトランジスタについて
ポイント []
pt.
アクセス1979
カテゴリーアンプ&コンパレータ
キーワード PNPトランジスタ   ご教示   申し訳   抵抗   下記回路図   Powered by Yahoo
投稿日時16/09/13 10:07
こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
電子回路が初めてなので初歩的な質問で申し訳ございません。
PNPトランジスタについての質問です。
下記回路図についている抵抗の役割をご教示願います。
ベースに接続している抵抗ではなく、電源からスイッチに向かっている抵抗です。
なんの為についているのでしょうか?
別になくても、動作しそうな気がするのですが・・・
初歩的な質問で申し訳ございません。
ご教示願います。
以上、よろしくお願いいたします。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

コメントする     


やま 回答番号 8
タイトル
気楽にどうぞ(^^;)
ポイント
pt.
アクセス1979
投稿日時16/09/14 17:19
NPさんお疲れ様です。

このサイトでは、いろいろな知識や経験を持ったメンバーが、多角的な視野や専門的な視野で、回答してくれます。

多少荒っぽい回答も有るかもしれませんが、気楽に質問下さい。
可能な限り回答します。

またそれが、このサイトの活性化にも繋がります、

NP 回答番号 7
タイトル
みなさんありがとうございます。
ポイント
pt.
アクセス2062
投稿日時16/09/14 08:08
やま様
高野山様
IKUZO様
リカルド様
皆様、回答ありがとうございました。
とても勉強になりました。
初歩的な質問になってしまいますが、今後とも宜しくお願いいたします。
NP

リカルド 回答番号 6
タイトル
もっともな疑問です。
ポイント
pt.
アクセス2158
投稿日時16/09/13 14:10
 もっともな疑問です。

 無くても動作します。簡単な実験、信頼性や高速性を要求されないのなら、プルアップ抵抗が無くても使えます。

 スイッチが開いているときに、ベースが不定になるのが問題です。特にFETでは、ゲートの開放はまずい。
 静電気で誤動作するイメージで考えて下さい。

 それからトランジスタがONからOFFになるときの動作時間に影響します。
 ベース回路にはコンデンサ成分が有ります。速くOFFにするためには、コンデンサ成分の電荷も速く処理しなければなりません。
 「スピードアップ コンデンサ」をキーワードに調べて下さい。

 電力を扱うトランジスタでは、熱暴走の危険もあります。

IKUZO 回答番号 5
タイトル
万が一を考えてのことです
ポイント
pt.
アクセス2244
投稿日時16/09/13 14:03
NPさん
保護抵抗の回路自体をなくしてトランジスタと抵抗とSWだけではだめなのでしょうか?
身内で使用する分には良いかもしれません、昔のゲルマニウムの時代のトランジスターであれば、漏れ電流で自然に導通状態になりますから、10kΩは必ず接続しないといけませんが、今シリコントランジスタの時代では漏れ電流のあるようなトランジスターは見当たらないので、動作そのものに影響はありません、がしかしノイズ等の誤動作には弱くなり、静電気にも弱い、トランジスターのバラつきにより内部抵抗のあるものもあり、劣化した時の動作等考えると、十分なマージンを考えて10kΩ付けたほうがより安定です。デジタルトランジスタのほとんどのタイプも10kΩ付いてます、デジトラを使うと抵抗部品はいりません。

高野山 回答番号 4
タイトル
オフを確実にするためです
ポイント
pt.
アクセス2188
投稿日時16/09/13 14:03
天球儀さんがおっしゃるように、短絡とならぬよう電流を制限する働きがひとつ。

もうひとつの役割が、スイッチオフのときに「ベースが宙ぶらりんで浮いていて動作が不安定になる」のを防ぐという重要な働きです。

マイコンからLEDやリレーを駆動する際にも、外付けトランジスタをベース抵抗1本だけで済ませている例をよく見ますが、B-E間には抵抗を入れてベース電位を安定させておくのが望ましいのです。

やま 回答番号 3
タイトル
ノイズ防止でしょう。
ポイント
pt.
アクセス2089
投稿日時16/09/13 14:00
NPさん お疲れ様です。

プルアップしている10KΩの抵抗がない状態でスイッチがOFFしていると、ベースがオープンになり、ハム等の周辺のノイズでトランジスタが誤動作することがあります。抵抗を入れることでベースにノイズ電流を流さないようにしています。

10K Ωの抵抗をエミッタとベース間に入れた回路の方が用途が良く分かるでしょう。

もうひとつの役割ですが、スイッチには数10mAの電流を流すことで接点表面の酸化膜を剥がし、スイッチの寿命を長くする目的もあります。なお10KΩの抵抗では電流が少なすぎるのでこの効果は薄いですが、。

NP 回答番号 2
タイトル
天球儀様
ポイント
pt.
アクセス2149
投稿日時16/09/13 11:33
返信ありがとうございます。
確かにその通りだと思います。
ただ、その保護抵抗の回路自体をなくしてトランジスタと抵抗とSWだけではだめなのでしょうか?
初歩的質問で申し訳ございません。
以上、よろしくお願いいたします。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

天球儀 回答番号 1
タイトル
保護抵抗です
ポイント
pt.
アクセス2156
投稿日時16/09/13 11:15
例えばスイッチの上に付いている10kΩを無し=0Ωの状態を考えた場合、スイッチに無限の電流が流れますよね。
それでは都合が悪いため仮に10kΩを入れていると思われます。

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.