アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

Dozy
タイトル
DC Blocking Filter
ポイント []
pt.
アクセス2333
カテゴリーインターフェース&スイッチ
キーワード キャパシタ   ノイズ測定用DC Blocking Filter   DC Blocking Filter高性能電源回路   極性   R1   Powered by Yahoo
投稿日時16/04/18 22:55
高性能電源回路の設計、遠坂俊昭著(CQ出版社)
p146のCBoxをまねして作ってみようと思いました。
ここで疑問に思ったのはキャパシタの極性でした。
ふと昔ダウンロードしたhpのノイズ測定用DC Blocking Filterを思い出し、
この回路のR1,C1,L1を省きR3を1KΩにして組上げました。
キャパシタは47uF/35V 7パラです。
極性間違いでキャパシタを保護する為にダイオードがあります。
R1にポリスイッチ100mAを入れてみました。
DCRは2.4Ω(実測)あります。
ポリスイッチは省きたいが極性保護はしたい。
なにか妙案はありませんでしょうか。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

コメントする     


Dozy 回答番号 6
タイトル
nV/ √Hz
ポイント
pt.
アクセス2171
投稿日時16/04/26 02:18
zaka様
おかげさまでnV/ √Hzを計測する暗中模索に自分を納得させられる裏付けを少しですが持てるようになりました。
改めて「計測のためのアナログ回路設計」の第二章を読み
ローノイズアンプの定数の選択方法がより理解できるようになりました。
NJM5534をAD797に置き換えX2とX3はOPA2134で組みました。
組んだ後に10年前のトラ技の記事を見つけました。
遠坂さんのSPICE実用電子回路 第17回
低雑音OPアンプの実力と評価法
記事の最後に気になる低雑音アンプの入力保護回路の事が.....
銘文句がありました!
「破損してしまったら交換するという方法も一案です」
これで僕はzakaさんは○○さんだと推察しました。
貴重なアドバイス有り難うございます。

zaka 回答番号 5
タイトル
ジョンソン雑音
ポイント
pt.
アクセス2158
投稿日時16/04/25 10:15
 カットオフ周波数以下はジョンソン雑音の大きさを表す式で決定される雑音電圧密度になります。
 ジョンソン雑音の大きさが抵抗値・温度・帯域幅の平方根で決定されるために周波数特性が色々面白くなりますね。

Dozy 回答番号 4
タイトル
CBOX (DC Blocking)
ポイント
pt.
アクセス2222
投稿日時16/04/20 18:21
グラフの初め及びフラットな部分の主成分は抵抗のジョンソン・ノイズで
抵抗値が大きくなるとLPF効果がより効いてくる。
LPFのカット・オフ周波数より低い周波数域はジョンソン・ノイズが支配する。
という考え方で宜しいでしょうか。
LTspiceでzakaさんの結果と同じになったのを確認してから330uFをプロットしました。
比較のためにスケールを同じにしましたら頭の中では考える事が出来なかった特性が得られました。
たかがCBOXされどCBOXで目から鱗です。
有り難うございました。
zakaさん力作のCBOXに見とれております。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

Dozy 回答番号 3
タイトル
工夫を公開して頂いて有り難うございます。
ポイント
pt.
アクセス2281
投稿日時16/04/20 12:33
zakaさん、
磁束を打ち消す配置に思わず笑みがこぼれました。
p146のCBOXがこれほど濃い内容とは....
貴重なノウ・ハウを有り難うございます。
「ある周波数以上なら、抵抗が大きいほど雑音電圧密度が低くなると言う結果になります。」
気がつきませんでした実験したいと考えました。

回転磁界の打ち消しについては測定して知識としてはありましたが
こういう風に応用するんだよ、という事に気がつきませんでした。
有り難うございました。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

zaka 回答番号 2
タイトル
工夫はないのですが・・・
ポイント
pt.
アクセス2417
投稿日時16/04/19 18:37
 私は添付のようなCBoxを使っています。
 10uF100Vのフィルムコンデンサ32個が入ってマニアックな治具です。一応配線を交差させ外部磁束を打ち消す配置にはしています。
 メーカならばユーザから叱られないように保護回路が必要ですが、自分が使う分には自己責任なので性能重視で保護回路は付けていません。
 低雑音増幅器にAD797等をICソケットで使用すれば、最悪壊れても交換すれば済みます。沢山消費すればADさんも喜ぶかと・・・・、呵々。

 計測する前に1kΩをトグルスイッチで短絡しておき、全ての準備が整って、信号が落ち着いた頃を見計らって、恐る恐るトグルスイッチを開放にします。マニアックな計測なのでこれも一興かと思い、自己満足です。

 入力コンデンサが雑音に影響する度合いを添付のようにシミュレーションしました。
 入力抵抗が大きくなると抵抗値の平方根で雑音が増大します。しかしカットオフ周波数は抵抗値に逆比例で遮断周波数が低くなります。
 ということでシミュレーション結果のように同じコンデンサ容量でも、ある周波数以上なら、抵抗が大きいほど雑音電圧密度が低くなると言う結果になります。しかし極低域の変動は大きくなるので、結果はどうなるか実験してみてください。
 こちらはインピーダンスが高いと色々な雑音の混入に弱いこととOPアンプのバイアス電流の影響を少なくするため1kΩにしてみました。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

Dozy 回答番号 1
タイトル
DC Blocking Filter Pri-Charge
ポイント
pt.
アクセス2359
投稿日時16/04/19 14:15
出力にトグルスイッチを追加し
測定前にスイッチを短絡してキャパシタを2分間充電して1KΩの抵抗に切り替えたデータを添付します。
入力電圧は20Vです。
スコープのデータは同条件で1KΩ負荷のみです。
AC結合キャパシタに大きな容量を使用した時はプリ・チャージをした方が良いという事を確認できました。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.