アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

sakigake
タイトル
ADF4360-8の出力合成について
ポイント []
pt.
アクセス1361
カテゴリーRF&IF、DDS
キーワード ADF4360-8   RFOUTB   RFOUTA   周波数帯   ラットレースカプラ   Powered by Yahoo
投稿日時16/02/05 15:41
ADF4360-8について教えてください。
RFOUTAとRFOUTBの2つの出力を合成して、300MHz前後の周波数帯で使用することを考えています。データシートには、バラン、またはラットレースカプラを使用すると書かれておりますが、ディスクリートで回路を構成することができますでしょうか?
その参考回路等がありましたら、ご教示いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

コメントする     


Braveman 回答番号 1
タイトル
残念ながら・・・
ポイント
pt.
アクセス1195
投稿日時16/02/10 15:29
sakigakeさん、
こんにちは

残念ながらADF4360や他のデバイスでの差動出力を合成する回路の紹介はございませんが、データシート記載のLCバランかトランス結合で合成されることを推奨致します。ちょっと系統が異なりますが、弊社のWebにRF Impedance Matching Calculatorという便利ツールがございます。マッチング回路をご検討される際にご活用戴ければと思います。

また、ご利用になられたい周波数が300MHz前後となりますとADF4360ではVCOの周波数を選択するコイル(2つ)が外付けになります。コイルの選択と配線パターンのインダクタンス、それらパターンあわせたコイル2つのマッチングにも気を使っていただく必要がございますのでご注意下さい。この当りがご面倒ということでしたら、ADF4351で1/8に分周してご利用になられると位相ノイズも小さくなりますし、外付けLも内蔵ですので、おススメ製品です。

宜しくお願いします

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.