アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

Greenline
タイトル
CORDICアルゴリズムの文献
ポイント []
pt.
アクセス2065
カテゴリーDSP
キーワード 文献CORDICアルゴリズム   ペリフェラル   プロセッサ   座標変換   デジタル信号処理   Powered by Yahoo
投稿日時15/09/28 17:27
CORDICアルゴリズムの適切な記事を探していましたが、2点ほど読んでみても、いまひとつ理解できなかったのですが、以下を見つけて「なるほど」となりました。

CORDICは無線系やモータ系などでのデジタル信号処理(座標変換など)に多用されているアルゴリズムです。ADIのプロセッサでもペリフェラルとして入っているものもあります(この辺は社内のトレーニングに一緒に出席していたEpochéさんが詳しいですね)

http://www.ht-lab.com/freecores/cordic/cordic.html

http://www.fpga-guru.com/files/crdcsrvy.pdf


※この投稿は一体何を意味するのか?(笑)。それは…

コメントする     


Greenline 回答番号 5
タイトル
16bit DDSが出来ました
ポイント
pt.
アクセス2203
投稿日時15/12/16 11:23
来年の夏の「某…」にむけて悪だくみを実行中です。
最初に投稿したURLから得られるGNUのCORDICのRTLソースを使って、FPGAに24bit NCOと24bit CORDIC、それと16bit DACドライバを実装し、16bitシリアルDACのAD5543をドライブして添付のような2相の正弦波が得られました(^^)

オシロはキャプチャしていないのですが、超高速DACで用いられるMix Mode相当の信号も生成でき、100Hz程度を出力したときのハーモニックスは(バラックレベルでも)2nd, 3rdとも-90dBc以上が取れました(^^)

FPGAへの機能は簡単なものをもう少し追加するだけですので、ほぼ完了という感じです。

この話(最終形)を某代理店のK氏にお話したところ「そんなの興味あるのは、私のお客さんでも2~3人程度ですよ(--;」と言われました(^^;が、めげずにやっていきます(笑)
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

IKUZO 回答番号 4
タイトル
ブラシレスモーター制御のためのCORDICアルゴリズム
ポイント
pt.
アクセス2229
投稿日時15/10/01 09:31
Epoché さん
ありがとうございます、モータの専門家なのですか?
「CORDICの応用としては、ブラシレスモーター制御で使われるベクトル演算」なるほどブラシレスモーターを制御するときにベクトル演算をして回転制御するということで、モータ制御ですから到底マイクロコントローラの演算速度では間に合わず、そのためFPGA等、専用IC、で印可電圧、電流をきめ細かに制御するためということでそのアルゴリズムがCORDICというものであると理解しました、

dorham 回答番号 3
タイトル
隈取
ポイント
pt.
アクセス2243
投稿日時15/09/30 17:07
Epochéさん、 こんにちは。

現象学的にいうと(もちろん冗談ですが。)、隈取モータはshaded pole motor, 隈取コイルはshading coilからきているのであろうかと思います。
単相の小型誘導モータで、メイン磁極の一極の隅に銅のリングを設け、これにより発生した遅れ磁束とメインの磁束とで回転磁界を発生させようというものです。

Epoché 回答番号 2
タイトル
CORDIC
ポイント
pt.
アクセス2321
投稿日時15/09/30 16:00
呼ばれた気がしたので^^;
私の理解している範囲では、三角関数などの算術演算を行うためのアルゴリズムであり、CORDICの応用としては、ブラシレスモーター制御で使われるベクトル演算に、Park変換やクラーク変換という演算がでてきますが、ここで参観関数の演算が出てくるので、動作周波数やパフォーマンスが限られるマイコンでは、CORDIC演算をハードウェア・エンジンなどで持たせることにより、高速演算を図ると。。

横道ですが、今日デモ作成のために手持ちの壊れた卓上扇風機をバラしたらACモーターで、いろいろと勉強になりました。「くま取りコイル」の名称由来が気になっています。^^;
http://japan.xilinx.com/products/intellectual-property/cordic.html
http://toshiba.semicon-storage.com/jp/design-support/e-learning/mcupark/village/vector-1.html

IKUZO 回答番号 1
タイトル
CORDICアルゴリズム?
ポイント
pt.
アクセス2269
投稿日時15/09/30 07:57
Greenline さん
「CORDICは無線系やモータ系などでのデジタル信号処理(座標変換など)に多用されているアルゴリズム」ということですがインターネットで検索してみると多くヒットするのですが、具体的な使用例というのはあまり無いように思うのですが、どういうことに使用するのですか?

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.