アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

カマキリ
タイトル
差動伝送がコモンモードノイズを除去する原理
ポイント []
pt.
アクセス3309
カテゴリーインターフェース&スイッチ
キーワード 差動伝送   エミッタ   オペアンプ   コモンモードノイズ   AM26C31   Powered by Yahoo
投稿日時15/06/11 17:52
こんにちは。

差動信号の原理について質問させて頂きます。

以前AD社のセミナーでオペアンプの入力端子はnpnトランジスタのベースに繋がっており、2つのトランジスタがエミッタコモンの差動対になっていることを学びました。
そしてエミッタ側には電流源が入っており、この構造であるから、オペアンプの入力端子の"差分電圧"が2つのコレクタ電流(出力電流)の比を決めることになり、同相除去効果があることを理解しました。

これに対し例えば26C31、26C32などのラインドライバ、ラインレシーバを使うと差動伝送となり、これらはコモンモードノイズに強いと聞くのですが、データシートの内部回路を見るとオペアンプのような電流源が入っていません。
(他社製品で大変恐縮ですがTI社のAM26C31、AM26C32のデータシートを添付致します)

これらの差動伝送はなぜコモンモードノイズに強いのでしょうか。
オペアンプが差電圧のみを増幅する原理とは異なるのでしょうか。


初心者であるため、的外れな質問をしていたら申し訳ありません。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

コメントする     


カマキリ 回答番号 5
タイトル
データシートの内部回路
ポイント
pt.
アクセス3158
投稿日時15/06/15 08:48
MUSUSU2 さん、ありがとうございます。
データシートの入力回路図は差動入力の回路図ではなかったのですね。
それであれば、納得です。

しかし内部回路が書かれていないので若干もやもやするのですが、これらのICの差動伝送の原理は、LVDSの差動出力、差動入力と同様と考えてよいのでしょうか?

MUSUSU2 回答番号 4
タイトル
差動部の回路図ではない
ポイント
pt.
アクセス3218
投稿日時15/06/13 18:37
 カマキリさんへ

 添付のデータシートに差動部の回路図はのっていないです。

 差動特性は、入力電圧範囲や感度、出力振幅などのデータシート上の数値から知ることができます。
 AM26C32のデータシートについて言えば、A,B信号の入力部の回路図は、個々の信号入力がICにどのように入るか記すものでしょう。このICは5V単電源だけど、±7Vの入力電圧範囲を許していること、またA,Bともにオープンの時に出力がどう確定するかを示しています。

 ちなみに、このような伝送ICと、OPアンプでは求められる同相電圧抑圧比(CMRR)の値が大分違います。

カマキリ 回答番号 3
タイトル
ツイストペア
ポイント
pt.
アクセス3309
投稿日時15/06/12 08:48
yoshi05さん、IKUZOさんありがとうございます。

ムラタ製作所の記事の後半部分は理解ができます。
ツイストペア線にしてEMIを低減する原理ですよね。

yoshi05さんの紹介頂いた記事の中で差動伝送の教科書が出ていましたので、こちらも早速買って読んでみたいと思います。

IKUZO 回答番号 2
タイトル
差動で検索したら
ポイント
pt.
アクセス3083
投稿日時15/06/12 08:04
カマキリさん、yoshi05 さん差動伝送路の怪でいまいちわからなかったので差動で検索したらムラタ製作所のカテゴリー:ノイズ対策PLAZA で
http://www.murata.com/ja-jp/products/emiconfun/emc/2013/10/15/en-20131015-p1
高速の伝送が、なぜ差動伝送になっているのか?
が見当たりました、26C31、26C32に当てはまるのかどうかわかりませんが、一般的な解釈を述べていますがOPアンプの電流のことまでは述べていなかったです。

yoshi05 回答番号 1
タイトル
差動伝送路
ポイント
pt.
アクセス3199
投稿日時15/06/12 06:31
鐘森さんの、「差動伝送路の怪」というお話を思い出しました。

LVPECL(3.3V)の差動伝送路について考えてみました。
https://bbs.ednjapan.com/ADI/index.php?bid=4&one=1313568987KwYgfp&kid=1313656776HVsXea

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.