アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

gxt6500
タイトル
差動回路でアッテネータを構成したい。
ポイント []
pt.
アクセス4739
カテゴリーアンプ&コンパレータ
キーワード アッテネータ   AD8475   ワンチップ抵抗入り差動減衰アンプ   計装アンプ   電位差   Powered by Yahoo
投稿日時15/04/30 00:48
グランドから浮いた66V(50kHz)の電位差を
アッテネータで信号レベルを適正値まで
減衰させたいと考えています。

作動増幅回路構成でアッテネーターになるよう
設計してみたものの
「差動減衰?回路を」を実際に組んだ経験がなく、
見れば見るほど見落としがないか?
適正なのか?
不安になってきました、、、正直自身がありません。
高精度抵抗も必要になってくるので、
ますます不安になり、
目の前に暗雲が立ち込めているような状態です、、、

そこで、
・回路に問題がないか?
・保護回路は適正か?
・この他に安価にできる方法はあるのか?

その他ポイントなどございましたら
未熟者ではございますが、ご教授お願いいたします。
叱咤激励なんでも受け止める覚悟ですので、
何卒よろしくお願いいたします。


※.ゲイン1以下のワンチップ抵抗入り差動減衰アンプ
  のラインナップがAD8475しかなく、
  減衰率0.4なのでここでは使えません。
  計装アンプもゲイン1以下は見つけることが
  できませんでした、、、、
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

コメントする     


IKUZO 回答番号 6
タイトル
差動でゲインを1/2にする方法
ポイント
pt.
アクセス4024
投稿日時15/06/26 16:00
オンラインセミナーを受けていたら、ゲインを1/2にする差動の方法がありましたので、紹介します
ここで見逃してはいけないのはGNDの扱い.
AD629があります
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

IKUZO 回答番号 5
タイトル
差動たぶん?では?
ポイント
pt.
アクセス4358
投稿日時15/05/01 13:47
差動ということで私も特に調べてはいないのですが、たぶんこれに似たような回路になりはしないかと、ただ注意しないといけないのがGND側OPの-側がGNDから浮いた形になるので+側の電位がOPの入力限界電圧を超えやすいのでわかりにくくなる点だと思います、直線性特性を維持するためには、OPの入力限界電圧(例えば+-15Vから十分に低くないと電圧が低いうちは増幅倍率が保たれていたが、出力がえらい低いじゃないか?等と戸惑うことにもなりかねないですから、知らないうちに壊れてた、というようなことにならないよう、十分計算して定数を決めてください
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

gxt6500 回答番号 4
タイトル
(IKUZO様)ご教授ありがとうございます
ポイント
pt.
アクセス4565
投稿日時15/05/01 12:07
>IKUZO様

>片電源で使用しているようにも思えますが、
→申し訳ございません両電源の想定です。

>両電源(+/-)でしたらR55とR57は0Ωで考えるとわかりやすいと思いますが
→公私共にお世話になっている松井邦彦先生の
 「OPアンプ100の実践ノウハウ」にIKUZO様から
 ご教授いただいた反転アンプのアッテネータは
 書いてあったで存じておりました。
 取り急ぎ御礼申し上げます。

※.差動で減衰させる回路は一般的でないのでしょうか??

IKUZO 回答番号 3
タイトル
単純に考えてみては
ポイント
pt.
アクセス4377
投稿日時15/04/30 16:00
片電源で使用しているようにも思えますが、両電源(+/-)でしたらR55とR57は0Ωで考えるとわかりやすいと思いますが
R54を1M、1Mとしてその間とGND間にRを追加で目的はできると思いますが、もっとも差動でいうことで趣旨にかなってないのかも

gxt6500 回答番号 2
タイトル
ありがとうございます!!
ポイント
pt.
アクセス4661
投稿日時15/04/30 13:59
ご回答ありがとうございます。
データシートまで精査していただき
誠にありがとうございます。

>必要な精度と、非測定回路のインピーダンスは、
 それぞれどれくらいでしょうか?
→精度は3%で十分です。
 被測定回路のインピーダンスは考慮しなくてよい
 くらい十分低いです。

>また、信号帯域は50Khz近辺を見れば
 よいのでしょうか、
→仰られる通り(50khzの方形波として)
 DC - 250khz位等を見ています。
 
>周波数が50Khzと高めなので、10pFの浮遊容量でも、
 300KΩ近辺の計算になります。
>インピーダンスを低く想定できればずっとらくに
 なります。
→ご指摘していただいてハッと気が付きました。
 いろいろな方法を試行錯誤考えているうちに
 冷静さを欠いていました。
 2Megを選んだのは間違いです。
 ありがとうございます。
 
>数%の誤差を許せれば、
 コストや回路の考えかたも違ってくると思います。
>単純に抵抗分圧した後、差動で受けてもいいかも・・
→頭の中にはありましたが、
 レーザートリミング高精度抵抗などを用意して
 わざわざ差動減衰回路を作成しなくても抵抗分圧後、
 差動で受けた方が間違いがないですし安心です。
 コスト的にも得策かもしれません。
 いろいろな意味で頭の中の迷いや
 暗雲が晴れてきました。

ご指導ご鞭撻誠にありがとうございます。
いろいろ考えるとテンパしまうぐらい余裕がない
若輩者技術者ですが、
何卒よろしくお願いいたします。

yoshi05 回答番号 1
タイトル
2MΩ @ 50khz
ポイント
pt.
アクセス4549
投稿日時15/04/30 11:12
必要な精度と、非測定回路のインピーダンスは、それぞれどれくらいでしょうか?
また、信号帯域は 50Khz近辺を見ればよいのでしょうか、それとも(50khzの方形波として)DC - 250khz位等をみたいのでしょうか?
 
周波数が50Khzと高めなので、10pFの浮遊容量でも、300KΩ近辺の計算になります。
これが 2MΩと並列になると精度は望めないでしょう・・
実装では気をつけてください。
 
想定しているオペアンプのデータを見ると、Ibが 1uA(max) Vioが1mV(max)位、なので、
単純計算だと (1mV + 1uA*91kΩ) * ( 2Meg/91k )  くらいの誤差要因です。
 
インピーダンスを低く想定できればずっとらくになります。
数%の誤差を許せれば、コストや回路の考えかたも違ってくると思います。
単純に抵抗分圧した後、差動で受けてもいいかも・・
 
以下のスレッドなどが参考になるかもしれません。
 
差動増幅回路にLPFを付ける方法
11/06/08
 
反転減衰構成アンプの出力ノイズはどうなる?
11/10/21
 
http://www11.ocn.ne.jp/~nontomo/egawa/npcosc.html
ノートパソコンをオシロスコープもどきにする
 
 

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.