アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

nishida-m
タイトル
アイソレータADuM5402についてご
ポイント []
pt.
アクセス2494
カテゴリーアンプ&コンパレータ
キーワード フレーミングエラー   コンデンサ   ごアイソレータADuM5402   RS-232C回路   コンデンサ0.05μF   Powered by Yahoo
投稿日時15/04/28 23:22
アイソレータADuM5402についてご教示下さい。

ADuM5402は外部シーケンサとの通信用でRS-232C回路に使用しています。現在イレギュラ試験として、外部シリアル通信線部にノイズ印加ユニットを介してノイズを印加しているのですが、受信時にフレーミングエラーが発生する場合があり、波形を調べてみるとアイソレータの前後に1μs程度の信号遮断波形が確認されました。(ボーレートは9600bpsです。)
ADuM5402のマニュアルを見ると、動作的にはUVLO動作が働きその復帰までの停止現象を見ているような感じがします。
そこで対策としてまず実験的にRXD信号-グランド間にコンデンサ0.05μFを挿入すればフレーミングエラー発生を抑えることがわかりましたが、ご教示頂きたいのは
①コンデンサだけでなく抵抗を入れてCRフィルタにした
方がよいのか (Rを入れるとなると基板パターンカットして挿入しなければならないので出来れば回避したい)
②他に有効な方法があるか?
ちなみに3.3V電源に電解コン33μF追加等してみましたが効果ありませんでした。

資料の波形等、ご参照下さい。宜しくお願いします。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

コメントする     


nishida-m 回答番号 4
タイトル
コメントありがとうございます
ポイント
pt.
アクセス2317
投稿日時15/06/22 18:17
IKUZO様
コメントありがとうございます。返事がすっかり遅くなり申し訳ありません。ADuM5402のパスコンについて104から203等に変更してやってみましたが、結果は一緒でした。(5402の交換およびコモンモード過渡電圧耐性が高い6402へ変更しても結果変わらずでした。)実務的な判断としてはISO-POWER自体の採用を見送り、中速フォトカプラ+別電源の構成でチャレンジしています。(今の所上手くいっています。)

IKUZO 回答番号 3
タイトル
これはこまりましたね
ポイント
pt.
アクセス2265
投稿日時15/05/28 15:04
nishida-m さん
電源入力と出力側3.3V使いで、1μs程度では通信が正常にできませんね、コンデンサでなますというのは、いかがなものかと思います、原因を考えてみることが大切であると思います、ADuM5402とMAX3232をまず疑いますのでそれを新品と交換してみることです、ADuM5402の電源バイパスですが104で大丈夫ですか?10uFの積層程度は必要ではないですか、なにかハイローの閾値がうろついているようなことはないでしょうか?(オシロでは正常のようですが、電源ノイズがあるとADuM5402の内部閾値が変化して悪い影響があると思います、


nishida-m 回答番号 2
タイトル
アイソレータADuM5402について
ポイント
pt.
アクセス2648
投稿日時15/04/29 11:00
リカルド様、回答ありがとうございます。

実際は配線側の対策は実施していますが、効果がさほど出ておらずアイソレータ回りでの対策を検討している段階です。
ただしご教示頂いた内容をもう一度チェックして、まず配線側での対策を徹底はしたいと思います。
CN6の5番からシーケンサへの配線が抜けているのは当方の作図の手落ちでした。

リカルド 回答番号 1
タイトル
シーケンサまでの配線の対策が先
ポイント
pt.
アクセス2610
投稿日時15/04/29 00:50
 CN6の5番からシーケンサ迄の配線が抜けています。
 このケーブルにシールド線を使用します。
 CN6とケーブル側コネクタにシールド付を使います。
 シールドをFGに落とします。基板を金属ケースに入れてシールドします。
 FGは金属ケースに確実に落とします。
 コネクタは金属ケースに取り付ける。

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.