アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

YF_nsglab
タイトル
ADAU1442のGPIOピンについて
ポイント []
pt.
アクセス2603
カテゴリーDSP
キーワード ADAU1442   SigmaDSP   GPIOピン   アナログデバイセズ   プログラム   Powered by Yahoo
投稿日時15/01/06 14:38
SigmaDSPのADAU1442を大学の研究に使用しています.
チュートリアルをクリアして自分で簡単なプログラムを組んで音が聴けるなどの機能を実行できました.

今回の質問は,ADAU1442に付属されているGPIOピンの使用方法について伺いたく思っています.

アナログデバイセズの公式HPにADAU1442のGPIOについてのPDFがあり例のようにプログラムを組んで実行してみたのですが音が出せません.音が出ないのでボリュームのコントロールも今のところできていません.

どなたか詳しい方いらっしゃいましたらアドバイスよろしくお願いしたします.

コメントする     


YF_nsglab 回答番号 12
タイトル
ロータリーエンコーダーの方も…
ポイント
pt.
アクセス2682
投稿日時15/01/27 13:50
サンプルのロータリーエンコーダーの方も動作確認できました.

どうやらピンの接続をMP2,MP3を「POT」のままにしていたので動作しなかったんだと思います.
「ENC_A」,「ENC_B」にそれぞれ接続し直してロータリーエンコーダーを動かしてみたら無事にボリュームコントロールできました.

只今GPIOでEQを制御しようと試みているのですがうまくいってない状況です.

簡単なサンプルを教えていただけないでしょうか?

宜しくお願いします.


ロータリーエンコーダーのサンプルがうまく動作しない件で
すが、ロータリーエンコーダーは2つのGPIOを使って、両方のスイッチON/OFFの差を検出しているようなので、プロジェクトをリンクダウンロードした後に、ロータリーエンコーダーを少し左右にくるくるしてみると動くかもしれません。

Epoché 回答番号 11
タイトル
おめでとうございます!
ポイント
pt.
アクセス2840
投稿日時15/01/23 15:07
動作したとのことで良かったです。

ロータリーエンコーダーのサンプルがうまく動作しない件で
すが、ロータリーエンコーダーは2つのGPIOを使って、両方のスイッチON/OFFの差を検出しているようなので、プロジェクトをリンクダウンロードした後に、ロータリーエンコーダーを少し左右にくるくるしてみると動くかもしれません。

今後共何卒よろしくお願い申し上げます。


YF_nsglab 回答番号 10
タイトル
動作確認!
ポイント
pt.
アクセス2747
投稿日時15/01/23 14:07
返信ありがとうございます.

お手数かけましてすみませんでした.

添付してくださったプログラムを実行してみたところ無事に動作確認できました.
MP2などピンを変えても動作を確認できたのでGPIOは破損してないことも確認できました.

Epoché 回答番号 9
タイトル
MP8とMP9を使ったボリュームコントロール
ポイント
pt.
アクセス2859
投稿日時15/01/21 18:08
遅くなりまして申し訳ございません。
極めてシンプルなサンプルで恐縮ですが、ボリュームコントロールのプロジェクトを作ってみましたので添付します。
(拡張子はPDFですがdspprojに書き換えていただければそのままSigmaStudioで動作するはずです。)
これは、LとRそれぞれ別個にボリュームコントロールするものです。(某ドイツのTV用ヘッドホンのように左右独立してボリュームコントロールできるもの)

MP8とMP9を使ってボリュームコントロールとEQをされたいということでしたので、ご参考になれば幸いです。

使っているモジュールは、音の入出力と添付の01.jpgに赤枠で囲ったもの2つです。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

Epoché 回答番号 8
タイトル
エラーはサンプル自体のものです
ポイント
pt.
アクセス2836
投稿日時15/01/17 01:14
ご返信ありがとうございます。
まず、画像添付いただいたエラー画面ですが、弊社の環境でも発生するところから、SigmaStudioではなく、プロジェクト自体の問題と思われます。ご不便をおかけいたしまして申し訳ございません。

ツールも最新ということで、環境に問題はないように思います。ただ、稀にPCとの相性であったり、一見セットアップが成功しているように見えて、実は失敗していたりといったことが、あるため、念のためご確認させていただいた次第です。
(これはSigmaStudio固有のというよりは、こうした組込み開発環境のセットアップで稀にあることと御理解いただければ幸いです)

もう少しこちらでも調べてみますので少々お待ちください

YF_nsglab 回答番号 7
タイトル
連続の質問失礼します
ポイント
pt.
アクセス2933
投稿日時15/01/15 16:50

パソコンの仕様によってSigmaStudioとDSPがうまく連動してくれないことってありますか?

実験に使用しているパソコンのスペックは
Windows7 64bit メモリ4GB Intel Core 2 Quad CPU
です.

また下記のアナログデバイセズのチュートリアルにある
http://wiki.analog.com/resources/tools-software/sigmastudio/tutorials?s[]=adau144x&s[]=gpio&s[]=projects

「Control the volume of the audio using two pushbuttons 」をダウンロードしなにも手を加えずに「Link Complite Download」を押すと,添付した画像のようなエラーが出ます.

これについてわかることがあれば回答よろしくお願いします.
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

YF_nsglab 回答番号 6
タイトル
SigmaStudioのバージョン
ポイント
pt.
アクセス2813
投稿日時15/01/15 13:12
返信ありがとうございます.

何度同じことをやってもやはり最初は音が流れず,数値を変えると音楽が流れるようになります.
S9を弄ってもボリュームは変わってくれません.

SigmaStudioのバージョンは確認したところ「3.11」でした.
最新バージョンだと思います.


Epoché 回答番号 5
タイトル
SigmaDSPのバージョンをご確認くださいますでしょうか
ポイント
pt.
アクセス2792
投稿日時15/01/14 18:02
ご返信ありがとうございます。
エンコーダのボリュームコントロールが、数値を変えないと動作しないというのは、やはりおかしいように思います。

ご使用のSigmaDSPのバージョンはいくつかご教示いただけますでしょうか?
古いものでしたら新しいものを
http://www.analog.com/jp/dsp-software/ss_sigst_02/sw.html
より入手していただいて、お試しいただけますと幸いです。

YF_nsglab 回答番号 4
タイトル
サンプルプロジェクト
ポイント
pt.
アクセス2844
投稿日時15/01/14 13:31
返信ありがとうございます.

やはり設定は必要なんですね.

前回教えてもらったやり方でもう一度,プロジェクトを実行したところ,「Active Downloaded」と表示されているが音楽は再生されず.
ところがロータリーボリュームの「Volume Table Points」の数値をデフォルトの33から34にしたところ音楽が再生されました.
一度SigmaStudioを終了させもう一度同じ手順でプロジェクトを実行しても「Volume Table Points」の数値を弄ると音楽が流れてくれることがわかりました.
しかし,S9を弄ってもボリュームコントロールは出来ませんでした.

私はGPIOのMP2を使ってイコライザーを制御し,MP3を使ってボリュームを制御しようと考えています.
上記のようなことは可能でしょうか?

回答よろしくお願いします.

Epoché 回答番号 3
タイトル
ボリュームコントロールのプロジェクト
ポイント
pt.
アクセス2943
投稿日時15/01/13 19:31
返信ありがとうございます。
はい。GPIOの設定は必要です。評価ボードに、どのGPIOを使ってどのように制御するのかを設定する必要があります。

また、お客様のところで動作しなかったというWikiのプロジェクトですが、
評価ボード同梱のロータリーエンコーダーボードを
EVAL-ADAU144XEBZ Rev.C評価ボードに接続した状態で、
先日ご紹介したWikiにある、http://wiki.analog.com/_media/resources/tools-software/sigmastudio/adau144x_gpio_volume_rotenc.zip
をダウンロード後、解凍し、そのままなにも手を加えずにSigmaDSPで開いて、Link、ダウンロードしますと、

Audio入力(IN0/1)に与えたオーディオ音源は、J4のオーディオOUTに出力されました。
S9のエンコーダでボリュームコントロールも可能です。

これが動作しないというのは、なにか変ですね。。
SigmaDSPのウインドウの右下に、評価ボードの状態が表示されますが、プロジェクトをリンク、ダウンロードしたときに、Active:Downloadedというような状態になっていますでしょうか?

※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

YF_nsglab 回答番号 2
タイトル
動作せず…
ポイント
pt.
アクセス3043
投稿日時15/01/09 15:30
Epoché 様,返信ありがとうございます.

参考にしているPDFファイルは下記のアナログデバイセズのADAU1442のページにある
http://www.analog.com/jp/processors-dsp/sigmadsp/adau1442/products/product.html

の資料欄にある「AN-951: Using Hardware Controls with SigmaDSP GPIO Pins 」の10ページ目のロータリーボリュームのプログラムを実行しているところです.

Epoché 様から教えてもらったやり方で実行してみましたが残念ながら音は聞こえませんでした.

慣れない英文を読解していく中で一つ気になることがありまして,上記の「AN-951: Using Hardware Controls with SigmaDSP GPIO Pins」の4ページにある設定のようなことを事前にやっておかなければいけないのでしょうか?

もしGPIOピンでボリュームコントロールが成功しましたら,ファイル1に載せたプログラムにGPIOのロータリーボリュームのプログラムを接続しボリュームをコントロールしたいと思っています.



※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

Epoché 回答番号 1
タイトル
サンプルプロジェクトは動作しますでしょうか?
ポイント
pt.
アクセス3039
投稿日時15/01/08 14:54
ご参考いただいているPDFとは、
http://www.analog.com/static/imported-files/user_guides/UG-032.pdf
と思いますが、こちらの3ページから続くチュートリアルに従ってGPIOを使ったボリュームコントロールプロジェクトの作成を進めていらっしゃると理解しました。
(間違っていたらご教示ください)

下記Wikiにある、GPIOを使ったボリュームコントロールプロジェクトをそのままロードしたら期待した動作はしますでしょうか?
http://wiki.analog.com/resources/tools-software/sigmastudio/tutorials

にある、
ADAU144x GPIO Projects
の項目に、下記プロジェクトファイルがあります。
Control the volume of the audio using a rotary encoder

すでにお試し済みでしたらすいません。
またご連絡ください

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.