アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

kegasa
タイトル
SigmaStudio for SHARC (ADZS-21479-EZ-LITE)
ポイント []
pt.
アクセス3775
カテゴリーDSP
キーワード CrossCore embedded Studio   SigmaStudio3.9   ADZS-21479-EZ-LITE   A USB communication failure has occured"   CrossCore embedded Studio 1.0.3   Powered by Yahoo
投稿日時14/03/11 11:23
アナログ信号の解析(FFT等)に使いたいと思いADZS-21479-EZ-LITEを購入し、SigmaStudio で使おうとしていますが、苦戦しています。

Windows7に、SigmaStudio3.9, SigmaStudioForSHARC-SH-Rel2.1.0, SHARCAudioToolbox-SH-Rel2.0.0, CrossCore embedded Studio 1.0.3 をインストールしました。

CrossCore Embedded Studio はインストール出来て基板のLEDが反応しているので正常に動作しているようですが、SigmaStudio 3.9 から、サンプルのToneGen_Equalizer を開いて、Link Compile Download のボタンを押すと "A USB communication failure has occured" というアラートが出てしまいます。

Hardware Configuration で IC1 (ADSP-214xx)を右クリックしてBoot Target を実行してもアラートが出ます。
何かオプション等の設定が必要なのでしょうか?
年度末なので焦っております。ヒントを頂けると幸いです。

なお同時に購入したネイティブなSigmaDSPのEVAL-ADAU1701の方はSigmaStudioで楽しく活用させて頂いています。DSPが、こんなに簡単に使えるとは感動的です。そういえば新製品のEVAL-ADAU1452MINIZでも256FFT等が出来るのでしょうか?ネイティブなSigmaDSPの方がトラブルが少ないなら乗り換えたいと考えています。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

コメントする     


Epoché 回答番号 12
タイトル
失礼いたしました
ポイント
pt.
アクセス3949
投稿日時14/03/13 16:44
Audio Tool Boxにありましたね。失礼いたしました。
FFTモジュールの導入の仕方も不親切で失礼いたしました。(別スレッドで書かれていますが)

ではこのスレッドは一応クローズとさせていただきます。

kegasa 回答番号 11
タイトル
RE: FFTモジュールについて
ポイント
pt.
アクセス4193
投稿日時14/03/12 15:41
アナログ・デバイセズ社のサイト
http://www.analog.com/en/dsp-software/sh_sigst_00/sw.html

の右下の方に
DOWNLOAD PRODUCTS

Download the free production code for SHARC Audio Toolbox (Release 2.0.0 - ~6.1 MB)

というのがあります。
これをインストールしました。

なお、この件の為に、SharcAudioToolbox-SH-Rel2.0.0_PROD
というスレッドを立ち上げました。
試行錯誤しながら、FFTに挑戦中です。


実はAnalog DevicesのDSPを使うのは今回が初めてで、ブロック図を書けば走るという手軽さに魅せられてキットを購入しました。ワンチップマイコンのソフト程度なら何度か作ったことがあるのですが、見知らぬDSPのソフトを組むのは敷居が高いので、SigmaStudioに期待しています。

Epoché 回答番号 10
タイトル
FFTモジュールについて
ポイント
pt.
アクセス4101
投稿日時14/03/12 14:23
ハードウェアの接続のほうは無事動作されたということで良かったです。

ところでFFTですが、SigmaStudioForSHARC(以下SS4SH)に含まれているという記述はどこで見られましたでしょうか?すいません。こちらで探しきれておらず、ご教示いただければ幸いです。


今回の目的ですが、FFT(256ポイント)をSHARCで動作させたいという理解でよろしいでしょうか?

その目的のためにSS4SHを用いるのは、冗長に思います。
SS4SHは、SHARCをSigmaStudioでも使えるようにするためのものです。Kegasa様の書き込みから思いますに256FFTを実現するためであれば、SS4SHは使わなくても、EZLITEの開発ツールとDSPライブラリで実現できるように思います。

SigmaStudioのようなビジュアル言語ではありませんが、EZLITEをベースにした基本的な入出力サンプルは同梱されていると思いますので、それにDSPライブラリを加えて作成するほうが工数は少ないように思います。

Kegasa様の開発されたいものや、リソースのことを存じませんので的外れでしたらご容赦ください。
ただ、SS4SHは、SHARCプロセッサをSigmaStudioで使うためのもので、モジュールがない場合はCCESでGUIも含めて作成してSigmaStudioにポーティングする必要があります。

kegasa 回答番号 9
タイトル
SHARC Audio Toolbox
ポイント
pt.
アクセス4023
投稿日時14/03/11 16:53
256FFTを試してみようと思い、SharcAudioToolbox rel.2.0.0 をインストールしたのですが SigmaStudio を起動しても出て来ません。何か設定が必要なのでしょうか?

kegasa 回答番号 8
タイトル
SigmaStudio for SHARC 動きました!
ポイント
pt.
アクセス4013
投稿日時14/03/11 15:40
早速、手持ちのコネクタ・ヘッダを寄せ集めて、基板を作って接続しました。SigmaStudio がちゃんと動きました。ご指導どうも有難う御座いました。今後共、宜しくお願い致します。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

Epoché 回答番号 7
タイトル
コネクタ情報
ポイント
pt.
アクセス4061
投稿日時14/03/11 14:16

USBiとEZLITEとの接続はSPI通信の接続になります。
MISO,MOSI,CLK,FLAG,GNDですね。

C:\Analog Devices\SoftwareModules\SigmaStudioForSHARC-SH-Rel2.1.0\Docs\SigmaStudio_for_SHARC_Users_Guide.pdf
の62ページ以降に、ピン配置がございますのでこちらを参考に接続してください。

kegasa 回答番号 6
タイトル
空中配線しようと思いますので配線を教えてください!
ポイント
pt.
アクセス4001
投稿日時14/03/11 13:55
手配して購入する時間が惜しいので、空中配線しようと思います。恐れ入りますが、配線を教えて頂けないでしょうか?

Epoché 回答番号 5
タイトル
EngineerZoneへアクセスできず申し訳ございません。
ポイント
pt.
アクセス3949
投稿日時14/03/11 13:44
申し訳ございません。他のブラウザでも表示されないようでしたら、時間を置いて再度お試しくだしますでしょうか。申し訳ございません。

本件は先ほどご紹介したPDFをご覧いただければ解決できるとおもいますので、まずはこちらをご参考ください。

kegasa 回答番号 4
タイトル
紹介して頂いたサイトに入れません。
ポイント
pt.
アクセス3959
投稿日時14/03/11 13:30
紹介して頂いた、下記のURLにGoogle Chromeで入ろうとすると、何故か、添付した写真のようなログイン画面が際限なく数秒おきに開き、何も見れませんでした。loginボタンを押しても同じ状況です。


http://ez.analog.com/community/dsp/software-and-development-tools/sigmastudio-for-sharc
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

Epoché 回答番号 3
タイトル
その接続はまちがっています
ポイント
pt.
アクセス4058
投稿日時14/03/11 13:29
早速ありがとうございます。
投稿していたいだ写真はSHARCのEZLITEに付属のDebug Agentです。(DSPとはJTAGで接続しUSBでPCと接続)

この構成では、SigmaStudioForSHARCを用いてSigmaStudioとEZLITEを接続することはできません。

すでに入手されていると存じますが、
http://www.analog.com/en/dsp-software/sh_sigst_00/sw.html
にございます、
Download the free production code for SigmaStudio™ for SHARC
のソフトウェアをインストールしますと、各種マニュアルがございます。その中の、
C:\Analog Devices\SoftwareModules\SigmaStudioForSHARC-SH-Rel2.1.0\Docs\SigmaStudio_for_SHARC_Users_Guide.pdf
の第5章をご参考ください。


SigmaStudioForSHARCを用いてSigmaStudioとEZLITEを接続するときは、SigmaDSPと同様に、USBiを用います。
USBiはSigmaDSPの開発環境に付属している小さなボードです。下記URLがその製品マニュアルです。
http://www.analog.com/static/imported-files/application_notes/AN-1006.pdf

このUSBiとEZLITEは、EZLITEの拡張コネクタを使って接続します。空中配線でも可能ですが、専用の変換基板もございます。
http://www.analog.com/en/evaluation/bfext-usbi2ezb/eb.html


こちらのスレッドもあわせてご参考ください。
http://ez.analog.com/thread/17742

kegasa 回答番号 2
タイトル
USB接続です。
ポイント
pt.
アクセス4020
投稿日時14/03/11 12:49
ハードウエアとしては裏側に実装されていた小さな基板経由でUSB接続しています。ソフトウエアとしてはHardware ConfigurationでCommunication Channel USBiが入っているようです。デバイスマネージャーで見るとADSP-21479EZ-KIT Lite として見えていました。
添付したスクリーンショットと写真を御覧ください。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

Epoché 回答番号 1
タイトル
確認事項ですが
ポイント
pt.
アクセス4094
投稿日時14/03/11 12:24
1点基本的なところで恐縮ですが、ハードウェアの構成についてですが、SHARCのEZLITEへは、SigmaDSPと同じくUSBiで接続されていますよね?
追記です。下記サイトもお役に立つかもしれませんのでご案内します。
http://ez.analog.com/community/dsp/software-and-development-tools/sigmastudio-for-sharc

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.