アナログ電子回路技術者同士の交流のためのアナログ・デバイセズ提供の掲示板サイトです。
日々の回路設計活動での課題や疑問とそれらの解決、あるいはご意見やご提案などの投稿を是非お寄せください!
  トップページに戻る
 現在の総記事数
 Translation
スタッフ
 

閲覧数の多い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。
ポイント数が高い投稿

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。

アナログ電子回路コミュニティサービス終了のお知らせ

平素はアナログ電子回路コミュニティをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、アナログ電子回路コミュニティは2018年3月末日をもってサービスを終了することとなりました。それに伴いまして、本サービスへの新規会員登録は2月末日をもって締切りといたします。約10年という大変長い間、たくさんの皆様にコミュニティをご利用いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

なお、コミュニティに掲載しているコンテンツは編集の上、アナログ・デバイセズ社のウェブサイトに随時掲載していく予定です。詳細は追って会員の皆様にお知らせいたします。

今後ともEDN Japanをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


アナログ電子回路コミュニティ運営事務局
* LTC製品に関するご注意
申し訳ございませんが、現時点ではリニアテクノロジー社製品についてのお問い合わせは、リニアテクノロジー社の 技術サポートページ からお問い合わせください。

スレッド一覧に戻る

aaaaaa
タイトル
オペアンプの同相入力範囲を超えたとき
ポイント []
pt.
アクセス12476
カテゴリーアンプ&コンパレータ
キーワード オペアンプ   同相入力範囲   TL084   jFET入力   ICメーカ   Powered by Yahoo
投稿日時11/04/19 07:59
オペアンプには、同相入力範囲というものがあります。

オペアンプの入力端子に入れていい電圧範囲ですね。

これを超えたとき、恐ろしいことが起こることがあります。

OUTの反転です。

TI社のTL084というjFET入力のオペアンプをテストしていたときです。

飽和は安全ですが、反転は恐ろしい結果まねきます。

ICメーカの方、配慮してください。

命にかかわることです。

コメントする     


ジム・ウィリアムス 回答番号 5
タイトル
これも重要です。
ポイント
pt.
アクセス380
投稿日時17/11/29 19:53
知らないととんでもないことになりますね。
※このデータをダウンロードするにはログイン(ユーザー登録)が必要です。

aaaaaa 回答番号 4
タイトル
やま様ありがとう!涙でーーす。
ポイント
pt.
アクセス13110
投稿日時11/04/20 03:55
Greenline様へ

■■ AN-OP07みました。電圧フォロワで電源30Vの実験で3Vを超えた状態で、飽和していますね。私が興味あるのは、それを超えたら《誤動作する》となっていますので、どうなるかやってみたいですね!

2番目の資料の図1ですね、恐ろしいですね。もし、人がいたら、はさまれてしんでしまう。jFET,BiFETで起こるとされていますね。私も昔。TL084の簡略等価回路でそのメカニズムをつきとめました。

BiFETとはバイポーラとjFETの混在ICをいうのですかね。TL084もそうですね。


やま様へ

■■
>aaaaaaさんの投稿は貴重な情報ですので、
>一つ一つ理解していきたいと思います

うれしくて涙がでてきました。これほんとです。画面が見えなくなるほど・・・
泣かせないでください!
私のあきれるような投稿を、こんな気持ちで見てくれる人もいるなんて・・・

ここ数日とばしてきましたが、この言葉で減速してしまいました。
他の方からも「bbsジャック」とも言われて、確かにそうだなーー、と思いました。
いま悩んでいます。
このサイトを荒らしている、という見方もできるし・・・。
もしそうだとしたら、謝らなければなりませんね。すいません。すいません。
ただ、このような、言ってみれば「西欧的やり方の者もいていいのでは」と考えています。
日本人はどうしても、型からはみだすのを嫌いますが、あちらの人は喜んでくれます。


■■ jFETをIN部分に使ってなければ起こらないことだと思いますが、設計時にテストしておくべきでしょうね。

クランプ回路も考えるのが「おとな」ですかね。
何か起こったら大変なことになりますからね!

やま 回答番号 3
タイトル
オペアンプの入力クランプ
ポイント
pt.
アクセス13451
投稿日時11/04/19 16:12
aaaaaaさん これは知りませんでした。

数年前、テスターのアナログ設計のベテランに回路図を見せてもらったことがありましたが、オペアンプの入力に専用のクランプ電源を作り、そこにクランプダイオードを接続していました。クランプ電源は電源の3V内側の電源でした。
当時はオペアンプのラッチアップ対策と思っていましたが、もっと危ない問題もあったんですね。

aaaaaaさんの投稿は貴重な情報ですので、一つ一つ理解していきたいと思います。

Greenline 回答番号 2
タイトル
英語ですが関連資料です
ポイント
pt.
アクセス13141
投稿日時11/04/19 15:15
英語ですがPhase reversalに関して、資料がありましたので、ご紹介します。

MT-036 Op Amp Output Phase-Reversal and Input Over-Voltage Protection

ご参考になれば幸いです。

Greenline 回答番号 1
タイトル
位相反転のしないOPアンプ
ポイント
pt.
アクセス13302
投稿日時11/04/19 14:59
aaaaaaさん、こんにちは。OPアンプの出力が反転する、という情報提供ありがとうございます。

最近のOPアンプでは、出力が反転する…位相反転とか、Phase Reversalといいますが…ことの無いように対策されたOPアンプが多いと思います。

弊社のサイトで「位相反転」とキーワードサーチすると、位相反転なし、とか位相反転が起こらない、というようなキーワードとともにそれらの製品が検索結果として表示されます。ひとつのご参考になれば幸いです。

そこでひっかかったApp Noteもご紹介します。

AN-573 進化している OP07 p.7~

PNP 入力段は 500 Ω電流制限抵抗で保護されているので入力電圧が上下いずれの電源電圧から 3V まで超過しても破損や位相反転を生じません。 位相反転保護はいずれか一つ又は両方の入力にそれらの入力同相 電圧範囲を超えた電圧が印加された時動作します。

なお、筆者のReza Moghimiはなかなか懐の深そうな感じのエンジニアです。

スレッド一覧に戻る



コメント投稿

* コメントの投稿にはログイン(ユーザー登録)が必要です。


タイトル

* 50文字以内
『初心者でも大丈夫!』
(記事の内容が初心者向けの場合はここにチェックをしてください。)
本文

* あと6000文字

ファイル1
ファイル2
ファイル3

* 5MBまでのGIF, JPEG, PDF ファイルが投稿できます。

* 入力に時間がかかると、セキュリティのためにログイン情報が破棄されて書き込みが処理されないことがあります。投稿内容確認ボタンを押す前に、一旦文章をクリップボードにコピー(本文入力欄をクリック後Ctrlキー+A、Ctrlキー+Cと連続で押す)して、再貼り付けできるようにしておいて下さい。

ゲスト 様
投稿する場合はログインして下さい。 初めての方はこちらからご登録ください。

お知らせ
ユーザーランキング

* ランキング情報は約24時間おきに更新されます。


  個人情報保護方針会社情報お問い合わせ

copyright(c) 2010 - 2017 ITmedia Inc.